SOLILOQUY別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 本日届いた雑誌2冊

<<   作成日時 : 2011/08/17 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

セブンさんから明日10時に荷物が到着しますというメールが来たので、本日、わざと買い物に行く時間を遅くして一緒に取ってきちゃいました(^^ゞ
(夕方遅めには到着するのを知っちゃったから?♪/笑)


小説b-Boy2011年8・9月合併号





綴じ込み限定ふろく
豪華客船ノベルスかけかえカバー


英田サキ×cut松尾マアタ
桑原水菜×cut高嶋上総
櫛野ゆい×cut沖銀ジョウ
市村奈央×cut小嶋ララ子
ななおあきら×cut芥 ミチ
かわい有美子×cutいさき李果

マンガ◆オメルタ〜胡蝶ノ夢ノ果テ〜
菜摘かんな(花梨シャノアールΩ)/立石 涼
マンガ◆七海
マンガ◆芥川もみじ
ショートマンガ◆みなみ遥 永井三郎
スペシャルショート◆青野ちなつ×cut香坂あきほ
イメージキャラクターイラスト◆門地かおり




今回の小bを買った目的は色を変えてるのでお分かりかと思いますが、桑原先生の新作と綴じ込みの豪華客船の掛け替えカバー

本日、小bとディア+到着☆...

ジブラルのところはゆっくりモードで、最近ちょっと焦れてきていますが、それでもこの掛け替えカバーの中ではラブラブで
3カップルとも甘甘な雰囲気がイイですね〜♪



そしてもう1つの目的
ツイッターで、絵の力ってスゴイ!ぐいぐい書けちゃった!と仰ってた今回の作品。

神王の禁域

今回も舞台は外国で オンコー国というところ
前王が急死し、生前から気に入られ王の娘と結婚する事に決まっていた上級貴族のシンハラが新王となった。

しかし、この国では婚儀後、姫との契りの前にピミアン・ナガと呼ばれている蛇神の宮殿で蛇神と交わらなければならないという儀式を執り行う事が王として義務付けられていた。
それを怠るとオンコーに禍が起こると。

儀礼的なモノと思いつつ、何故か緊張しているシンハラ。
実は彼には絶対に人に言えない力を持っていた



実は貴族どころか奴隷出身だったシンハラ。
本当の名前はシンハといった
ところが、母が亡くなる直前、残されたシンハが生きていける力を我が身を犠牲にして神に祈った為、人の心が読める力を手に入れていたのだ。
その力を遺憾なく使い、非道な行いまでして今の地位を得て21歳という若さで王にまで上り詰めた。
実は前王が亡くなったのもシンハの差し金。

蛇神は嘘を見抜く力を持っていると言われていて、全て見抜かれてしまうのでは?という恐怖心があったからだった。



しかし、蛇神の宮殿に入っていくと中にいたのは・・・
てっきり女性だとばかり思っていたのが青年
しかも、見た目はどこから見ても人間の様。

そしてなんと!まぐわうのではなく、王の精が食事だと言われ問答無用で絞り取られてしまって・・・



なんか・・・桑原センセ、どこにいくんだろう?(遠い目)
いや、確かにどこかで読んだような、それでいてグイグイ読ませてくれるのは相変わらずなんですが、思いっきりBL作家になってらっしゃる(^^ゞ

Hシーンの表現としては、正直ミラ以上に濃厚なモノは無いと思ってるんですが、
それでもこのあまりに直接的な表現は・・!
やはりこの方、BLが書きたかったのかな〜?と以前からの疑問がまたムクムクと(笑)



結局、誰の仕業かわからないまま結婚した姫様は呪い殺されちゃうし、
ナガも元は人間でこの国の王子で。
民の為に人柱となる事を神に願い、この宮殿で長い時を王の精で生きてきた人

そしてシンハもまた神によって読心力を手に入れ・・・


互いが惹かれあい、離れがたかったのは同じ神によって力を得た者同士だったから



最後は、ナガの代わりにシンハが人柱になって、ナガを人間へと戻そうとするシンハでしたが、ナガがそれを許さず、シンハと共に宮殿に残る決意をしてというラスト。




正直、短いから致し方なく。
ちょっと安易というか上手く話が流れ過ぎてる感はしましたが、上記したように、一気に読ませてくれる桑原センセの確かな文章力は流石!!
軽く読ませてくれて面白かったです。

それと、ますますバタ臭く濃い絵になってる感の高嶋さんの挿絵
でも、初めてナガと対面した時のナガがめっさめさ美麗でした。
シンハも素敵だったな〜♪

また、共に神に願うシーンの刀の装飾のなんと細かく描写されている事かっ!!



ただ、裸に腰布だけみたいな絵を見ると



これを思い出してしまいます(笑)






もう一冊届いたのがディアさん



こちらは付録狙いですね〜
一応、志水さんの新作と梅太郎さんや全サ関係で購入した際に覚えていた作品だけは読んでみました。
他は後ほどゆっくり読みたいと思います。

しかし、CD「是」のアフレコレポートで改めてキャストを見て豪華な1枚になりそうだなと期待してます。
楽しみですね〜(^^)






にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
本日届いた雑誌2冊 SOLILOQUY別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる