SOLILOQUY別館

アクセスカウンタ

zoom RSS TIGER&BUNNY最終回まで見終わって・・・(思いっきり腐感想)

<<   作成日時 : 2011/09/20 12:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最終回レビューはレビューに徹してしまったので、目新しい内容じゃないですが触れきれなかった部分があるので、吐き出すだけ吐き出させて下さい(笑)



最終回とはいっても、関西地区+Uスト+映画館でのライブビューイングのみ。
関東では本日のPM11:00からが本放送。
そして本当のラストは土曜深夜0:30が本当の最終回の最終回となるタイバニ。


それにしても、17日深夜は44か所でライブビューイング。こちらで約2万人
にも関わらず、Uストでは7万人を超える今までで最高視聴率。
それに関西圏の方々はテレビで見ていた方もいらっしゃる筈なので、一体最終回の視聴率を弾き出せるとしたらこの日だけで何%になったのか?
考えるだけで恐くなるくらいの人気作品に。


という私も、最初は「絵がこんなじゃなかったらな〜」なんて思いながら、いつもの癖で「とにかく1話だけは見てみるか」と軽い気持ちで見始めました。


しかし、関東での放送より前にUストで関西圏の一番早い放送と同時進行で流すというのを知り、実は第1話からUスト組でした。
結局、疲れで1度休んでしまった以外、残り24回はUストであのカクカクした画面にかぶり付いて見ていたんですからどれだけのめり込んでしまったか・・ですよね(笑)
翌日、声優イベントがあっても、土曜の昼間にイベントに出掛けていても、Uスト見て、ツイタで会話してそれから就寝。

どんだけイタイ日曜を半年も過ごしてきたか(爆)


でも、考えたらこのUstreamを使って流すという試みは初?
しかも、見ながらにして感想を呟けるシステム
これも早くに盛り上がった要因の1つだったんじゃないかと。

でも、そのくらい面白い作品に出会えたのが本当に大収穫でした。



まずはやっぱり今までに無い、スポンサーを堂々と背負ってるリーマンヒーローだった点。
各々の持つ個性的な能力と、最終回までブレなかったキャラクター性。
そこを最後まで漫然とじゃなく決め台詞込みで見せ切ってくれた点。
ヒーローだけでなく、彼らを囲む周囲の人間も魅力的だった上に、巻き込まれ少女・モブ子ですら毎回「モブ子を探せ」にまで発展☆(笑)
そういや、モブ子がやたらと発音がイイと話題になってましたね(爆)



虎とバニセットで大好き大前提なのですが、私の場合やや虎寄り・・かな?
んで、この虎徹というピークを越えた一見ダメオッサンが、最初から最後までキャラがブレなかったのが一番の強みだったでしょうか。

どんな時でも「ヒーローとは」という信念を貫き通して、それは能力減退という絶体絶命の事態においても、結局はそこに立ちかえって立ち直って。
市民を守る家族を守る家族を含めた市民を守るという事でワイルドタイガー・ワンミニットとして蘇って、それによって多分、ユーリの心も救っていて・・・


何をやっても決まらない
生還シーンですら気絶していたというオチに呆然としながらも、「虎らしい!」で受け入れて貰えるキャラクター性(笑)
でも、そんな彼が時折見せるカッコイイ言動にキュンキュンしました。
でも、次の瞬間にはいつもの虎で。
その辺が彼の愛らしさだったかな?と(〃∇〃) てれっ☆

守りたい者全てを受け入れて全力疾走だった虎だからこそ、頑なだったバニだけでなく、青薔薇や全員の中心だったんじゃないかな?と。
個人的には最終回のユーリの微笑みは、絶対虎のバックを狙っていると信じてます(≧m≦)ぷっ!
だいたい、最終回のUストを見ていて、さとう監督が選ぶ名シーン、ベスト3全て虎関連シーンでしたよね!
どんだけ愛されてるんだ!って感じです。



そして運命のいたずら?で運命の相手とコンビを組む事になったバニ。
最初こそ、虎の上っ面だけで「コンビは組めません!」だった筈なのに、一緒に仕事をしていき、虎という人を理解するにつれてどんどんデレバニに変貌(笑)
バニを大きく変えたのはやっぱり襷の回からかな?と私は思っているんですが、
今じゃ、彼氏の大好物の炒飯の練習という名の花嫁修業をするまでに
「あなたがヒーロー辞めるなら僕も辞めます」
「あなたがやるのなら僕も戻ります」

どんだけ虎ラバーなんだよ!ですよ(笑)

だいたい、虎が生き返ってきた時も一番に抱きついて・・・
楓ちゃんも、そこにいる全員全く目に入って無かったですよね〜
にっくきマベすら視界から思考から抜けてたんじゃないかと(^^ゞ

こうなったら、今後は同居して毎晩迫りまくって下さい(爆)
攻めより体型も力も上な受けもイイじゃない(虎兎派の人/笑)


ただ、大切な家族を失っている点は一緒ながら、虎はそれを強さに変えているのに対して、バニは悲しみや憎しみという真逆な感情に飲み込まれてしまう点。
ファンとしてはそこから立ち上がるバニを見たかったんじゃないだろうか?
2クール目は、虎に支えて貰うばかりだったバニが逆に虎を支える男になるんじゃないか?と期待していたんじゃないだろうか?と考えると、最終回までお墓の前でハラハラと涙を流すバニしか見れなかったのが個人的には残念。
本当は空白の1年間にすっかり男前がさらにパワーアップしたバニを見てみたかったんですが・・・ま、そこがバニらしくてイイのよ!と言われてしまえばそれまでなんですけどね(^^ゞ

もしかしたら、その1年の間に内緒で虎の実家に様子を見に行って、虎が自分のいない空間で家族に囲まれて嬉しそうにしているのを見ちゃって余計に悲しくなっちゃった・・・とか?(←勝手な想像/笑)
だとしたら、やっぱり虎はヒーローとして返り咲いて家族から離れたのはバニにとって気分がなったのはわかるな!(笑)
それこそ、あのラストのツンデレ復帰発言も、「今度こそ僕しか見れないようにしてやる!」という野望を持っているかもしれない(爆爆爆)


ただ、非常に残念だと思ったのが、てっきりバニの記憶を取り戻す役目の一環を担うと信じていたピンズの存在。
あれをマベの嘘を見抜く材料だけだったというのが・・・
もっと生かし切って欲しかったorz





途中、自分の気持ちに気付いた青薔薇ちゃん。
本来、スタッフは無意識だったと語ってらっしゃいましたが、「腐」に傾き切っていたタイバニ。青薔薇ちゃんみたいな存在は(男だったら可だったんですが/笑)女性からは憎まれるポジションだったと思うんです。
ところが、青薔薇だけでなく全員が本当にファンに愛されていた点。
最終回の虎の背中に抱きつきシーンや、バツイチ男を落とす本とか・・・可愛くて、必死なのにどこか可笑しくてな彼女のキャラは本当に愛すべきでした。


残念なのはCDにまでなっていて、親友を強調されていたのに、最終回まで「親友らしさ」が出せないまま「牛ったら」と叱られる事が多かった牛。
本来、虎とバニの間に一番食い込んでいけるキャラだった筈なのに・・・
唯一萌えたのは大怪我した虎が隣に寝ていた牛のベッドに倒れ込んだシーンのみでしょうか?(笑)
牛はどちらかというと炎×牛に後半思考が飛んでしまったのはここだけの話(笑)


空の天然で真面目な性格も最後までブレず、偶然出来た同じ言葉を繰り返す語調も、ファンなら当然のように使われて。
それにしても、空折は公式でも認知されたのか?特典CDでもこの2人の組み合わせにはゾワゾワしてしまいましたよ(笑)
(折の場合、エドワードとの掛け算もアリですが、どっちがより受け入れられてるんだろうか?)


こういう場合、大概好かれる炎のオカマキャラもよかった!
津田さんのアドリブで、「ファイヤーもいろんなパターンがあって面白かったし。


竜と折はもはや天使並みに可愛かったし・・・



それと、忘れちゃダメなのがスーツやマシン等の素敵カッコイイ部分。
クソスーツはあくまでもダサく。新スーツは愛らしく。黒バージョンはいかにも悪で。
だけどちゃんと虎と兎スーツになっていて。

空、折、炎、青薔薇、竜、牛、各々もどれもすごく「らしさ」が出ていて。
桂先生の努力の賜物だな〜とインタビューを見ていて本当に感じました。


またアクションも素晴らしかったですし、それももちろんですが、23話で初めて明らかになったサイドカーの合体シーン。
あれは「おおっ!」となったのは私だけでは無いと思います(^^)

こういうトコはさすがサンライズクォリティ
アクションでは空とグッドラックモードが私は大のお気に入りでした♪





第1話で空カードを集めていた少年がバニ・・・と虎のカードを買っていた最終回。
何気にウルッとしちゃいました。
そして今まで確執があった者達も同じ空間で仲良くしているシーンが出てきて。
本当にあちこちに救いがちりばめられてた最終回でした。


しかし、レビューでも書いたようにまだ未解決部分はたくさんあります。

・ラストの濡れたお札から浮き出たウロボロスのマーク
・ユーリのトラウマ&タナトス関連

個人的には虎の能力の今後も気になってます。
でも、これはプロジェクト始動とあるので、2期または劇場版orOVAありと思ってます。
そこで必ずクリアーにしてくれると信じて。
切なる願いとしてはユーリにはパパのような体形にならないよう気を付けて下さい!(爆)



まだきっと「あ!書き忘れた!」というのが出てきそうですが・・・
ちょっと久しぶりにここまでのめり込んだ作品なので、その時はまたワイルドに吼えさせて下さい(笑)


とにかく最後に一言。
こんな萌え作品を作って下さった監督以下スタッフの皆様、素晴らしい演技だった声優の皆様、

ありがとう!そしてありがとう\(宜)/





にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります






うーん・・・この方、どうして一番素敵な2回目の姫抱っこシーンを入れなかったのかな?(笑)


あと、以前から虎の口癖だなというのには気付いていたんですが、それをまとめて下さった方がいらしたので。
13分弱なので見てみて下さい!笑えます
コチラ



bunny5

↑こういう格好は虎の前だけにしましょうね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
TIGER&BUNNY最終回まで見終わって・・・(思いっきり腐感想) SOLILOQUY別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる