SOLILOQUY別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 世紀末オカルト学院 第1話 「マヤの予言」

<<   作成日時 : 2010/07/06 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

世紀末オカルト学院 第1話 「マヤの予言」








夏アニメ第7弾です





そしてアニメノチカラ第三弾作品です


ただ、前の2作品が私的に残念に終わっているだけにちょっと心配


季節的にはナイスな題材とは思いますが・・・面白いといいのですが(^^ゞ








こちらも恒例のキャスト貼りを








神代マヤ:日笠陽子


内田文明:水島大宙


中川美風:茅原実里


黒木亜美:高垣彩陽


成瀬こずえ:花澤香菜


JK:子安武人


スマイル:高橋広樹









OP「フライングヒューマノイド」 歌 - 中川翔子


ED「君がいる場所」 歌 - 高垣彩陽

















公式HPより











1999年7の月、空から恐怖の大王が舞い降りる――。





長野県松代にある、私立ヴァルトシュタイン学院。通称「オカルト学院」。





霊や妖怪、UMA(未確認生物)など、あらゆるオカルト分野を専門的に学べることで有名な学校だ。





ある日、神代(くましろ)マヤという美少女が学院にやってくる。彼女は、学長のひとり娘。父親の葬儀に出席するにも関わらず、真っ白なワンピースにハイヒールという姿だ。葬儀の途中、学長が生徒に残したメッセージが流れはじめる。すると突然、棺のフタが勢いよく開き、死霊に取りつかれた学長がマヤたちに襲いかかってきた・・・!















「転送だ!転送してくれ!見た事もない化け物に追われている」











何者かに追われている1人の男


やっと転送のゲートを開いて貰いホッとしたのもつかの間


男のすぐ後ろにその化け物が!!!





転送されてきたのはその男の片腕だけ





「間に合わなかったか・・ナンバー5でもダメとは」





残っているのはあと1人








一体彼らは何者?何をしているのか?


また襲った者も何?














時は1999年、7月。ノストラダムスの予言が騒がせていた頃の長野に少女は降り立った。


向かった先はヴァルトシュタイン学院


乗せているタクシーの運転手によると、最近そこの学長が変な亡くなり方をした模様。


さらに、超常現象の噂もあるらしい








ヴァルトシュタイン学院・・またの名をオカルト学院











この少女の名は神代マヤ


亡くなった学長の一人娘


学院で葬式が執り行われていた。それに参加する為にやってきたのだ。


黙とうが終わった後、学長の引き出しから見つけたというテープが流される





オカルトを恐れず、これからも探求していって欲しいという内容でしたが、そこで精霊を呼び出す呪文をやってみせると唱え始める。


しかし、この学長のおっちょこちょい!(>_<)


なんと!間違って死霊を呼び出す呪文を唱えてしまった





明かりが消え、扉が開け放たれる


そして床には紫の煙が








「我が眠りを邪魔する者は誰か?」





そして煙が全て棺の中に入ってしまったかと思うと、突然跳ねあがったかと思うと棺の中からは死霊にとり憑かれた学長が!


パニックになる講堂


しかし、ここで立ちはだかりパイプ椅子で一撃


そして棺に蓋をして





「これはやらせです!」





Фちょっと説得力無いけどなぁ


案の定信じない生徒を強引に納得させる為に・・・・・・川島さんに押し付けたーーー!!!Ф








ふーん・・・もっとおどろおどろしい感じにするのか?と思ってたんですが、重くない雰囲気でイイですね。








ここからマヤがオカルトについて語り出すのですが、小指が立ってるし(笑)


この最中に先ほどの死霊が復活しちゃうし(爆)





再び生徒たちを襲い始めた死霊は、生徒を追って外に出ていってしまう。


死霊にやられた者は死霊になる


慌ててあとを追うマヤ








死霊の正体はラミー


資料室で学長を尊敬して入学したという成瀬こずえと口論になるマヤ


そこに役に立ちそうだと、もともとマヤとは知り合いだった黒木亜美が連れてきたのはJKという赤毛のデブと機械工の青年、スマイル





・・・って





jk.jpg





この人を子安さんっすか?!?a


インパクト半端無ぇーっ(爆)


スマイルは高橋さんです!








「きてるー!きてるよぉー!」





JKが始めたのはダウジング(^^ゞ


死霊の居場所を突き止められるらしい


そして地獄耳(爆)マヤが言った「紅の豚」もちゃんと聞きとっちゃったФ





しかし、このマヤという子、オカルトの類にすごく詳しい感じなのに、一々否定的な子ですね!





彼女の言動にどんな人なのか亜美に訊ねるこずえ


どうやら小さい頃から亜美とコックリさん他結構超常現象を試してたみたいですね。








するとこずえの眼鏡に死霊の緑の血が!?





ちょうどその頃、JKが霊体エネルギーを感知する


皆に緊張が走る


すると天井の明りが消えていく





「来るぞぉーーっ!」





って真逆を指してるじゃん!Ф








そちらを見ると緑の液体が滴り落ちている


って主はこずえちゃん?!Σ( ̄ロ ̄lll)








「殺してやるぅー」





「なっちゃってるし」





マヤ、吐き捨てちゃうし(笑)





まずはスマイルがこずえに一発!


すると眼鏡が外れて「メガネ・・メガネ」


・・・って昭和の香りプンプンなシーンだしФ





眼鏡をかけ直して今度はJKに襲いかかるこずえ


スマイルが何とか引き剥がしてくれましたが





「ちょっととり憑かれたからって調子に乗ってんじゃねぇーぞ!」





グーで殴り始めるスマイル


しかし、最初にとり憑かれたのを倒さないとダメ


隙をついて逃げ出したこずえを追ってマヤが走る





そして入った部屋では、まるでクリスマスパーティでも開いているかのよう。


そこに座り、変わらぬ笑顔でマヤに話しかける学長


全ては芝居だったと。


死んだ事にしないと会いに来てくれないだろうと





「会いたかった。ママは元気かい?」





しかし、マヤの母は2年前に亡くなっていた


オカルトの研究と学院の事に没頭し過ぎて家族に気が行かなかった学長


蔑ろにした。父親失格だと謝る


その言葉を聞いて父のところに駆け寄り、許すマヤ


そんな娘の頭を愛おしそうに撫でる学長








しかし、これこそ全てお芝居。マヤを油断させるものだった


でも、相手が悪かった?芝居に合わせていただけでちゃっかり斧を手にしていたマヤ


ラミーを倒すには、最初にとり憑いた者の首を切断する事


そして躊躇なく斧で父の首を切断するマヤ


やっと倒れる死霊・ラミー





・・・ってこの部屋って拷問関係のモノが飾ってある部屋だったんですか?!!!





緑の血を浴びたマヤが思いだしていたもの


マヤは心の目でしか見えないものを信じさせてくれた父が好きだった


でも、その心の目でしか見えないものこそ父親を狂わせ別れて住まなくてはならなくなった





マヤがオカルト学園を恨んでいたのにはそういう理由があったんですね。








そして川島によってやっと棺の中で胴体と切り離された首が収められて





「まったく、さっき矛先を向けられた時は肝を冷やした」





むむむっ!川島さんは何かをマヤに隠しているみたいですね。


真相に気付いてないって?


油断は出来ないって?








「オカルトなど人を滅ぼすだけだ


いずれこの学校は災いのもとになる


まやかしの種をばらまかれ、世に厄災を齎す その前にこの学校を潰す!


私はその為に帰ってきた!


オカルトなんか大っ嫌いだぁーっ!









そう叫ぶ彼女の背後に空から携帯が落ちてきた


鳴り響くチャイム


空が真っ暗になり、ぶ厚い雲の真ん中が割れて光が!


そして全裸の青年が降りてきた


(って、影に変なモノを見てしまったんですがーーっФ





「ふぅ〜眩しかったぁ」





誰?コイツ?!














1話目としては面白かったです。


オカルトとギャグの割合がよかったかも(^^)


まず、マヤの表情が豊かなのがイイですね!


ただ、前の2作とも第1話は面白かったからなぁ〜今度こそ最後まで、「うん!面白かった」と言わせて欲しいですが(^^ゞ





まだ、1話なので、マヤがどうしてこの学院を嫌っていたのかはよくわかりましたが、冒頭シーンといい、全裸の青年の正体といい、川島がマヤに隠そうとしている事とかわからない点は多々。


これから少しずつ明らかになっていくのでしょう。





レビューは様子見ですかね?


正直、新作レビューのしわ寄せが既に始まってますし(^^ゞ








EDは実写なんですね!


これは驚きました。


しかし、予告がなぜLOVEマシーン?











にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします











 【初回仕様あり!】フライングヒューマノイド [CD+DVD] / 中川翔子





 初回限定盤■高垣彩陽 CD+DVD【君がいる場所】10/7/21発売










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
TITLE: すっごい遅レスですが(汗
SECRET: 0
PASS:
ものすごい遅レスですけど、予告の曲は1999年に流行ったものらしいですよー。あと7枚目の曲だそうで…。7の月ともかけてるっぽいです
通りすがり
URL
2010/07/18 12:29
世紀末オカルト学院 第1話 「マヤの予言」 SOLILOQUY別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる