SOLILOQUY別館

アクセスカウンタ

zoom RSS オオカミさんと七人の仲間たち 第9話「おおかみさんと毒りんごが効かない白雪姫」

<<   作成日時 : 2010/08/27 05:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

オオカミさんと七人の仲間たち 第9話「おおかみさんと毒りんごが効かない白雪姫」











林檎と姫乃さんの過去


どうして林檎は姫乃を避けるのか?





たった一言が出ない・・・











公式HPより








ある日、おおかみさんと亮士くんはミス御伽学園コンテスト一位の美少女・白雪姫乃さんの依頼で、


七つ子の弟妹の子守をすることとなりました。


そもそもりんごさん指名の依頼だったにもかかわらず、一向に姿を見せないりんごさん。


改めて事情を聞いたおおかみさんと亮士くんは、りんごさんを白雪さんと再会させようと、


子ども達を連れて行く予定のプールのチケットを渡しました。


しかし素直になれないりんごさん。果てしてどうなる!?












「お主が望む3つの願いを聞いてやろう」





今回は、いつもとちょっと始まり方が変わってますよ!


しかも、林檎さんとランプの精という組み合わせです





林檎さんの願いはただ1つ  ある人と仲直りをしたい


その人は・・・





って夢でしたか!でもとっても意味深


林檎さんの表情も冴えないし











林檎さんが見知らぬ家をコッソリ見ています


それは白雪姫乃さんの家


彼女の姿を見て声を・・・かけそびれます





姫乃さんには7つ子の兄弟がいて、出かけている間の子守りを涼子と亮士が頼まれた模様





「やっぱり林檎ちゃんは来てくれなかったのかしら」





どうやら子守りのメンバーに林檎さんが入ってたんですね


しかも姫乃さんご指名


家の前まで来てたのにどうして?








「俺にも事情を教えて貰えないっすか?」





林檎を説得しようと2人で林檎と向かい合う


涼子は事情を知っているようなのだが、全く知らない亮士が訊ねる


しかし、あんまり彼がカッコイイ事を言うので、ジッと見つめる作戦で陥落させてしまう(笑)





「ま、イイ機会ですしね」





小さい頃はママと2人暮らしだった林檎さん


世渡り術を叩きこむ林檎母(苦笑)


林檎さんがどうして今の性格になったのかわかったような気が(^^ゞ





・ニッコリ笑顔で挨拶はかかさない親切にして貰える


・猫を被るなら男女区別なく徹底的に





いや、DNAって奴なんでしょうか?(^^ゞ








そんなある日、連れて行かれた大きなお屋敷


話があるからと1人で部屋に残された林檎さんと遊んでくれたのが姫乃さん





「林檎ちゃんがイイ子にしてたらね」





お母さんの話が終わると、そのお姉さんはお母さんと帰っていってしまう


イイ子にしてたら・・そんな約束をして





そのお屋敷は、生き別れと教えられていた林檎さんのパパの家で、それからはとても裕福な暮らしが始まった林檎さん


しかしある日、父親の書斎で娘宛ての手紙を見つけてしまった





姫乃さんと林檎さんは腹違いの姉妹だったわけですね





「白雪先輩の為に何か出来たらと思って」





事情を知って以来、屋敷から出て御伽花市に住むようになった林檎さん


でも、何も話せずだんだん会う事すら避けて3年





「だから今回がチャンスなんじゃねえのか?」





姫乃の方から声をかけてきてくれているのに


それでも足が竦んで 恐い(>_<)





すると涼子が1枚のチケットを出す


明日、御伽銀行全員で姫乃の兄弟をプールに連れていく事になっている


当然、姫乃も一緒


とにかく林檎の分のチケットを渡し、判断は彼女に任せる事とした








翌日、学園長がオーナーをしているマーメードプールにやってきた一同


姫乃さんのバイトの代わりは・・・桃ちゃん先輩でしたかФあははっ





それにしても、水着姿の女子を見る為に観覧席がある?


全くあのじーさんはっ?





「やっぱり林檎は来ないのかな?」


「いや、いるっすよ。この近くに隠れてるっすね」











早速水着に着替えた一同





ladies2.jpg





「これぞ、男のロマンだ」





あれ?姫乃さんは?と思いきやナンパ(>_<)


すると兄弟全員で「ママぁー!」


すかさず足を払ってプールにドボン(^^ゞ ナイスコンビですa








とにかく分担して子供たちを見る事に


でも、浦島さんと乙姫さんのとこは・・・(^^ゞ


どうしてそんな乙姫さんがツヤツヤしているのか?大人の私にも説明して下さい〜?????





そして耳年増チーム(爆)は


さすが小さくても女子は女子ってとこでしょうか?





アリスさんと頭取は従兄同士だったんですね〜











そこにスク水で変装して潜り込んできた林檎


楽しそうにしている姫乃の様子にホッとしつつも近くには来れない林檎





ところが、姫乃の弟が溺れそうになりそれを助けた姫のが今度は溺れてしまった


(泳ぎは得意じゃないそうです)


すぐに亮士が助けはしたのですが・・・





「どいて下さいですの!」





そこに出てきたのは林檎


応急処置としてマウストゥマウスを始める





「お願いですの。私はまだ何も出来てないですわ


だから・・だから・・お願い、お姉さんっ!」






林檎の祈りが通じたのか?息を吹き返す姫乃





泣きじゃくる弟と抱き合う姿を見てそのまま立ち去ろうとした林檎の腕を掴み引き止めたのは涼子








「助けてくれてありがと」





ベンチに腰掛けて話す2人





「何年ぶりかしらね〜?こうやって林檎ちゃんとお話するの」





林檎の気持ちがわかっていたのか?申し訳ないと思ってるとしたら違うと


林檎がいたからあの7つ子に会えたのだと。気にする事はないのだと優しく話す姫乃





「今までお姉ちゃんらしい事出来なくてごめんね」


「ううん」


「私の妹に生まれてきてくれてありがとう」





優しく林檎の頭を撫でる姫乃


その優しさに泣いてしまう林檎





「お姉ちゃん!」





優しくハンカチで涙を拭きながら、弟たちに紹介させてと言う姫乃に明るく答える林檎











覚悟の表情で学園長室に行った林檎


3年間、御伽銀行に勤めると3つ願いが叶えられるらしくそれを前借りで今叶えて欲しいと願い出る





「それなりの誠意を見せれば考えん事もない」





必ず3年務め、そして残りの2つのお願いも要らないからと


その願いとは大学の特別奨学金





大好きなお姉さんと仲直りして、お姉さんの為に願い事を使って・・・


こうして林檎さんはいつも以上に明るい林檎さんに戻りました(^^)














今度は涼子さんの夢の中





「涼子」





ryoshi4.jpg





ぎえぇぇぇー!オールバックの亮士君ですか?!?a





「心配するな、俺に任せろ お姫様を起こす方法は知っている」





そう言ってどんどん近付いてくる亮士君の顔


そしてキスの寸前で目覚ましで起きる涼子





その後の絶叫&亮士君に出会いがしらにパンチ一発だったのはお約束・・・ですね(^^ゞ

















うん。今回もなかなかイイお話だったです。


姫乃さんがとにかく優しい子でよかったです。


しかし、大人の事情に巻き込まれた子供たちは大変ですね(>_<)


でもやっと見えない壁が取っ払われて本当によかったです





普段は黒さが見え隠れする林檎さんの優しさが見れたのもよかったです








それにしても・・・・・・・そろそろ羊飼いとの話にいきますかね?(^^ゞ














にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします






















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
オオカミさんと七人の仲間たち 第9話「おおかみさんと毒りんごが効かない白雪姫」 SOLILOQUY別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる