SOLILOQUY別館

アクセスカウンタ

zoom RSS デュラララ!! 第16話「相思相愛」

<<   作成日時 : 2010/05/02 01:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

デュラララ!! 第16話「相思相愛」














「罪歌に依存して・・いえ、寄生して生きてるんです」








終わりでなくむしろ始まり・・・














公式HPより











斬り裂き魔に狙われたのは杏里だった。その様子を車中から偶然目撃した門田達は、杏里を救出するため行動を起こす。


さらにはそこに静雄とセルティも加わり、斬り裂き魔はついに倒され、その正体を明るみにされた。だが胸を撫で下ろしたのも束の間、セルティはチャットの書き込みに驚愕する。一方、自宅に戻った杏里の元を訪ねてきた、ある人物とは――。















切り裂き魔に狙われた杏里。


しかし、駆けつけた門田達、セルティや静雄達のおかげで助かる





ドアの修理代は誰に請求しましょうね?(爆)>渡草くん








切り裂き魔が持っていた刃物を慎重に持ち帰るセルティ








帰宅してすぐ新羅に経緯を話して聞かせる


しかし、なんかシックリしないと言う新羅





それを感じたのは新羅だけでなく、静雄もまた同様に感じむしゃくしゃする!と臨也のもとに出かけてしまう








「ねぇねぇ、シズちゃんって絶対臨也さんの事好きだよねぇ〜?????








ボーイズにラブってる・・・ってそれは私が望んでるのよっ!(≧m≦)ぷっ!>絵理華ちゃん





「いや、あながち・・」 って言いかける新羅





そこで止めないでよっ!セルティ


新羅君はその辺よく知ってそうじゃない?(爆)








そして持ち帰った罪歌を見せる


しかし、ただの包丁だった事に驚く新羅








辻斬りと愛はどう関係あるのか?





罪歌の目的は人を愛する事


人も恋をすればいろんな方法でその愛を表現する


そしていつしか愛を行動で表したくなる


だが、妖刀でしかない罪歌は持ち主を操り次から次へと人を殺し始めたのだ








しかしこれが罪歌じゃないのなら、本物の罪歌は他にあるという事。


チャットを調べてみると


「失敗した」の文字が


そして罪歌が広がっている これは一体どういう事か?





新羅が分析して導き出した答えは『罪歌は子供を産む』





この事実にセルティは慌てる














「いーざーやーくーーん」





宣言通り臨也の所にやってきた静雄





「おまえを殴りにきたからに決まってるだろ!


訳がわかんないで物騒な事件は99%てめえが絡んでやがる」









ガードレールを引っぺがし(スゲェ)ナイフを持つ臨也とにらみ合う


そこに割り込んできたのは静雄を心配して駆け付けたセルティ


そしてチャットの記録を静雄に見せ、静雄を後ろに乗せてチャットの罪歌が書きこんでいた場所へと走り去る











「まったく・・・単細胞のクセにどうしてあんなに鋭いんだろうね〜?


これだからシズちゃんの事大っ嫌いだよ」












公園に到着したセルティと静雄の前に数え切れないほどの赤い目をした子供たちが現れる


しかし、オリジナル(=母)は1人。それを探せと新羅はアドバイスする


だが、そこに現れた者たちの中に母はいない





そして代表して出てきた少女が静雄に向かい、その強さを見せてと言う


それに応えて静雄はバイクから降りる。








「1つ聞いていいか?なんでそんなに俺の事が好きなんだ?」





答えはデタラメな強さ


それを聞いて笑いだす静雄


この力が嫌いだったと誰も受け入れてくれないと思っていたと


しかし、ここにこんなにたくさん受け入れてくれる奴らがいる





「だからいいんだよな?自分の存在を認めてもいいんだよな?


自分を好きになってもいいんだよな


嫌いで嫌いで消したくて消したくてたまらなかったこの力を全力出していいんだよな」






そして罪歌の子供たちの中に飛び込んでいく














その杏里は突然の訪問者を迎え入れていた 贄川春奈だった


春奈と那須島はやはり付き合っていた


しかし、突然那須島から拒絶されてしまった





隆志に好きになられた事自身を許せないと言う春奈の表情が怖い(>_<)





様子がおかしい事に気付いた杏里だったが逃げ出せない


春奈は今まで人を使って杏里を始末しようとしていたらしい


そして今回杏里を襲ったのは春奈の父








「だから私が自分の手で始末するをつけるわ


貴女という恋敵に」









彼女の理論はわかりにくいが、とにかく自分を拒絶した那須島ではなく那須島に愛された子が憎いという理論でイイのかな?


例え、相手が那須島がアウト・オブ・眼中だとしても





とにかく贄川を自宅前で刺したのは春奈自身


そして実の父親に始末して貰おうとしたのに失敗されて


今度は確実にと自分が乗り込んできたという事ですね。








予めいろいろ杏里を調べていたようで、今まで張間美香に寄生して生きてきた事まで知っていた春奈はその事でネチネチといたぶる。


しかし、どうしたらここから逃げ出せるかを考えている杏里はわざと春奈の言葉を遮断する。





しかし、寄生して生きるのは楽よね!と言われ、とうとう杏里は言い返す





「楽じゃありませんよ、人に依存して生きるのも」





寄生しても追い出されないようにする為にどれだけのものを犠牲にしなくてはならないかと。





それを聞いた春奈は笑いだし、そうやって隆志に気に入られようとしたのね?と言い返すと








「いいえ!那須島先生にはその価値はありません」と杏里はキッパリ言いきる








それを聞いて怒りを露わにした春奈だったが、そこに運悪く来訪者が


那須島だった





しかし、出てきたのが春奈だった事から逃げ出す那須島とそれを追う春奈


(そりゃ、ナイフ持って自分の名を連呼する者が出てきたら恐いわ)





そして春奈の代わりに春奈が持つ罪歌から生み出された子供たちが杏里の部屋に入ってくる











春奈は那須島を追い詰めていた


しかし、お金儲けの道具にしようとしたって・・・教師の資格取り上げだろっ?





全て受け入れ、その上で那須島を愛するだけでは足りなくなってしまった春奈に罪歌が話しかけてくるようになったと。





「ねぇ、今日こそは私の愛を受け入れてくれる?」








「待って!」


まさに罪歌で那須島を切ろうとしたその時、走ってきたのは杏里だった





(ど、どうやってあの中から逃げてきたの??a








刃物で人を傷付けるのは止めて下さいと言う杏里に他人に寄生する弱い生き方しか出来ない人に何も言われたくないと突っぱねる春奈





「人が強いか弱いかなんて生き方だけで決めて欲しくない!」





強い目と言葉で言い返す杏里に再び春奈はナイフを向ける


しかし、それを杏里は左腕1本で受け止める








5年前の事件から人を愛せなくなってしまった杏里


罪歌により赤い目をした母親が自分に刃物を向ける


そして杏里の傍に血だらけで倒れている両親





そして新たな事実・・・春奈の持つ罪歌もまた杏里が持つ罪歌オリジナルが生み出した子供だった





「私は人を愛せない だから私は代わりに人を愛する罪歌に依存して


いえ、寄生して生きてるんです」









そう話す杏里の目もまた真っ赤に染まっていた

















なんと!杏里が罪歌オリジナルを持つ「母」だった?!?a


まさかの展開に驚いてしまいました。


しかし、どうして本家罪歌の持ち主が杏里とわかってもこんなに盛り上がらないんだ?





シズちゃんを沢山見れたのは嬉しいけど


まぁ、強さごと愛してくれるって言ってんだからいいのか(呟)











とにかく内容がどんどんハードになるわ難しいわでどうまとめていいかわからない(ため息)


部分部分は楽しめるのに全体をみるとなぁ・・・・・

















にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします








 デュラララ!! 5








そうそう!シズちゃんが歌う「津軽海峡・冬景色」聞きましたがキモかっこよかったですФ


しかし、あの名曲がどうしてあそこまでキモくなるのか? (* ̄m ̄) ププッ










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
デュラララ!! 第16話「相思相愛」 SOLILOQUY別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる