SOLILOQUY別館

アクセスカウンタ

zoom RSS デュラララ!! 第11話「疾風怒濤」

<<   作成日時 : 2010/03/19 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

デュラララ!! 第11話「疾風怒濤」














時代や社会がめまぐるしく変化し、国家の形勢が大きく転換する時代を形容して言う。強い風と逆巻く荒波の様子。



参考:四字熟語データバンク











ダラーズの秘密


そして何の力も持たない帝人が波江と対峙する為に取った行動とは














あらすじはコチラ

















いや!今回は面白かった


今までで一番興奮しましたよ




















「取引をしませんか?」





波江は部下の報告を聞いていた


そこへ1本の電話が


かけてきたのは帝人








池袋


ビルの上から何やら見守っているセルティ





いつもの池袋のようでありながら、何やら時間を気にしている者多々


シズちゃんの言葉を適当な返事で返しているサイモン





「ってかサイモンさんよぉ〜俺の話よくわかってねえだろ」


「ん〜そうだねぇ〜」





キレたシズちゃん、止まっていたバイクを持ちあげて殴ろうとしたけど相手がサイモンだし・・その後どう解決したんだろ?(笑)








「私は変わってしまったのだろうか?20年間、この街で暮らしてきて」





無駄なんかじゃないとセルティに答えた岸谷


これからの人生に生かせば・・・





「たとえば、僕と結婚すればいい」





とうとう、ハッキリプロポーズしましたね!


その岸谷の言葉を思い出し名を呟くセルティ





そんな彼女の眼下に人がどんどん集まっていく


そして波江を乗せた車も











車から降りてきた波江


帝人の前に立つ。








「あなたが帝人くん?」





人ごみの中には明らかな矢霧関係者の姿が





ぎゃー!ここって私がネッ友さんとよく待ち合わせする場所だー!!!








「それで取引って何かしら?」


「私はあなたが探している人を預かっています」





お金?と言う波江に真実が知りたいと


誠二が張間美香にした事。そしてその美香の身体に何をしたかを


キーワードにより帝人の頭の中ではピースが合っているのにそれは状況証拠でしかない


だから波江の口から真実を聞きたいと。





「率直に言います。自首して下さい」








しかし、波江の返事は「弟の邪魔をするなんて許せない」


その言葉で波江がどんな思考の人間かを見定めた帝人











波江の返事に、そんな理不尽な理由で人が殺されたりその身体を使って実験まがいの事をしたり、さらにそれによって自分の事まで狙われた事に怒りを覚える帝人





「貴女の自己満足で矢霧くんを不幸にするつもりなんですか?」





しかし、動揺するどころか逆に帝人を脅す波江


そして周りにはすぐにでも帝人に飛びかかれる距離で波江の手下がいる


しかし帝人も何か作戦を考えてここにやってきたようです。





「今更以前の事も理解出来ないのはそっちじゃないですか!」





そんな帝人にドラマの見過ぎだと笑う波江だったが、それでも帝人は押し負けなかった





「ありふれてるっていう事はそれだけみんながその事を考えてるって事なんですよ!」





そしてポケットから携帯を取り出した帝人


しかし、何故かボタンを押す事を躊躇する


しかし





「言いたい事はそれだけ?」





そう言って右腕を上げ手下を呼び集める





「理屈も通じない相手に挑む力も地位も僕にはありません。努力する時間さえ与えて貰えない。


だから  僕は数に頼るっ!






そして高々と上げた携帯のボタンを押す帝人


メールを送信


ところが・・・








薄笑いを浮かべている波江の背後で次々聞こえてくる着信音


老若男女関係なく次々にメールを受信していく


それはその一角だけ異様に集まっていた人々にどんどん広がっていく





そしてそこに到着したのは門田達を乗せた渡草の車





「すっげぇーー!これ全てそうなんすかね?」





興奮しているのはウォーカー君と絵理華


そこへ彼らにもメールが受信される





・・・って「坊っちゃん」ってセバスじゃん!Ф


こんなところでコッソリ小野D使ってるし (≧m≦)ぷっ!


「死んでみる?」は地獄少女だよね?(笑)


渡草くんのは聖辺ルリちゃんの曲っすか?だったら門田は・・・?ってフツー_(_”_;)_バタッ








「さてと、渡草、あとは頼んだぞ」





メールを受け取ると出掛けて行く門田








そしてセルティのもとにあの首に傷を持つ少女を連れた門田が





んん?なんでこんな展開?


何処で傷の彼女と接点があった?








「初集会でここまで集まるなんて!驚きっすね〜」





「これがダラーズ?」





渡草くんも真っ青ですФ


でも、どんな強面集団かと思ったら、こんな本当に一般市民で構成されているのがダラーズだったとは!!!








「なにこれ?まさかこいつら全員?!」





そう!波江達の周りにいる者全てがダラーズだったのだ














小さい頃はそれなりに冒険に満ち溢れていた


それがそう感じなくなってしまったのはいつからか?


そんな帝人の日常がちょっぴり変わったのはパソコンを手にしたのがきっかけ


飛び出す勇気も何もなかった帝人に世界が広がった





これをきっかけに正臣との付き合いが再開し、ネットでの新しい仲間も出来た


そしてあるネタを思い付く帝人


それがダラーズを作るきっかけだった





池袋にある存在としてあたかも本当に存在するかのようにネットで広める





・自分たちがダラーズのメンバーとは名乗らない


・いかにもよそから聞いたかのように噂話を流す






そしてチームのHPを完全パスワード制で作る


パスワードはメールや掲示板を作って流す


(この際、どうやって見ず知らずの相手のメルアドを知ったのかちょっと疑問に思いましたけど(^^ゞ)





そうして出来上がったのがダラーズ





もちろん信じない人も多かったが、擁護する人もだんだん出てきて


しかし、名前が広がる事で心配していた事も起きた


正体がわからないからこその事件の犯人をダラーズの人間と決めつける書き込み


そしてダラーズだと名乗る人々の出現


そしてパスワードを流すのは止めていた筈なのに、誰かから知ったのか?増え続けるメンバーの数


その事に恐怖したのか?設立メンバーがネットから消えた


それでも止めずに続けた帝人


悪口も多く書きこまれていったダラーズをイイ方向に導こうと足掻いてみたり





『悪い事をしている人たちの印象を消せる位に』





例として壁の落書きを消すとかと書きこむ帝人


それに対するスレはガキだとか綺麗事と書かれてしまうが・・・


でも、数日後、壁の落書きが綺麗になっていたというニュースがテレビで流れ、半信半疑ながらちょっと期待してみたり





そんな折、正臣に声を掛けられ地元を出て池袋に出てきた帝人


そこで聞く様々なダラーズの噂








そして今、ここに集結しているダラーズのメンバー


その中にはシズちゃんもサイモンも、莉緒もカズターノも探し物の少女も、よく出てくる天使の羽根をつけた少女たちもいる


そしてこの男・臨也も





「思った以上だ。楽しいよ。楽しいよね〜」








帝人が流したメールは


『今、携帯のメールを見てない奴が敵だ。


攻撃をせずただ見つめろ』






そしてその通り、波江や波江の部下が人数も把握出来ないほどの人間達に見つめられ動揺している





「ねえねえ!ダラーズの創始者って誰だろう?アラブの石油王っぽい奴いる?」





絵理華ちゃんの興味は尤もだよねぇ〜





何故今回の事に門田達がこんなに関わっているのか?


それは小石の件で渡草くんがキレて追いかけてきた際に、実は例の傷少女を轢きそうになってしまった


その事を掲示板に書き込み、それを見た帝人がレスをつけたのだ





「手筈は整いました。


彼女に会わせます。その代わり貴女も私に協力して下さい」









そう帝人に言われたセルティがゆっくり少女に近付く


そして訊ねる





「名前は?」


「セルティ・・」





それを聞いたセルティはバイクに乗り「吹っ切れたーー!」と言い屋上から一気に降りてくる!





声は出せない筈なのにその場の人たちに声が聞こえてくる





「ああ!私には首が無い。私は化け物だ


多くを伝える声も相手に情熱を伝える瞳も持たない!


だがそれがどうした!それがどうしたというんだ!!!」






「セル・・ティ」





その声がやっとセルティだと気付いたのはシズちゃんだけ





「私はここにいる。確かに存在する


目が無いというのなら、我が表情の全てを刮目してみるがいい!


化け物の怒りに触れた者の叫びを存分に聞いてみるがいい!」






そして矢霧のボディガード達を次々に大鎌で倒していく


しかし、不意打ちでセルティのメットが大勢の前で吹っ飛ばされる


そのメットの下に本来ならあるべき首が無い





「首なしライダー」





すると一斉にカメラを向け始める大衆


逃げ出す大衆








「私はここだ、ここにいる


ここにいるのだ


私は常に叫んでいる。叫んでいるぞ!


私は今ここに生まれた!私の存在をこの街に刻みつける為に!」









セルティが今まで中に溜めこんでいた悲しい心の叫び


それを遠くから聞いていた帝人だったが・・・








「おまえが竜ヶ峰帝人か。


セルティを、セルティを返せぇぇーーーっ!!!」






帝人に向けられたメス


ここをようやく聞きだしたのか?帝人に飛びかかってきたのは誠二


そのメスはまっすぐ帝人に向かって・・・

















お、面白い!


帝人がダラーズの創始者なのは前回のラストで予想は付いていましたが、こういうきっかけでどんどん噂が広がったり、噂が謝った方向に流れて行ったり、知らぬ間に増えていくメンバーの連鎖など、本当に面白いというか恐いというか・・・


本当にネットの特性そのままから出来上がった集団だったんですね!


特に面白かったのはそれにノッかっていたのが若者だけでなくおばあちゃんとかまでダラーズのメンバーに入っていた事。





とにかく大きく話は動き出しました!


だいぶ待たされましたがやっとエンジンがかかってきたって感じですよね!


なにより帝人の命は大丈夫なのか?


次回も楽しみです!





シズちゃん・・もっと出番あったらいいのに(ボソッ)














にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします 励みになります

















 デュラララ!! キービジュアル柄 もふもふビッグタオル《予約商品05月発売》













テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
TITLE: こんばんは!
SECRET: 0
PASS:
るみさん こんばんは♪<br />

<br />

今回は最初から最後まで怒涛の展開と言うか、凄い事になっていましたね!<br />

首に関する事も大詰めになってきて ようやくテンション上がる感じに(笑)<br />

<br />

ついに動き出した帝人が何がするのかと思いきやまさかダラーズ大集合とはw<br />

事件の内容よりも ダラーズに関しての方が先に明らかになりましたが<br />

まさにネット特有の…って感じで、一連の流れが凄かったですね<br />

まさかシズちゃんやサイモンまでダラーズだったとは<br />

ホント多種多様なメンバーが揃ってるなとw<br />

<br />

面白い展開でしたが、ラストのセルティのシーン<br />

突然ふっ切れた理由がイマイチわかり難い感じだったので、その辺りをフォローしてくれれば良いなと…<br />

自分と結婚すれば良いと言った新羅との事も気になる所ですw<br />

<br />

次回は全ての事がスッキリしそうな感じですね!<br />

流架
URL
2010/03/20 21:35
TITLE: 流架さん
SECRET: 0
PASS:
こんにちはー(^^)<br />

ちょっとトラブルがあって一気にレス出来なくて本当にごめんなさい(汗)<br />

<br />

>今回は最初から最後まで怒涛の展開と言うか、凄い事になっていましたね!<br />

>首に関する事も大詰めになってきて ようやくテンション上がる感じに(笑)<br />

<br />

お話同様、やっとこちらもエンジンがかかる内容でしたよね!<br />

あまりに一気過ぎて頭を整理するのに大変でしたが(笑)<br />

<br />

>ついに動き出した帝人が何がするのかと思いきやまさかダラーズ大集合とはw<br />

<br />

あの広がり方は見ていてゾクッとしてしまいましたよね!<br />

時間を気にしているから何かあるな!とは思ってましたが、まさかあの場の人間全てがダラーズだったとは!(驚)<br />

<br />

>事件の内容よりも ダラーズに関しての方が先に明らかになりましたが<br />

>まさにネット特有の…って感じで、一連の流れが凄かったですね<br
rumi0503
URL
2010/03/25 16:41
TITLE: 流架さん(続きです)
SECRET: 0
PASS:
>面白い展開でしたが、ラストのセルティのシーン<br />

>突然ふっ切れた理由がイマイチわかり難い感じだったので、その辺りをフォローしてくれれば良いなと…<br />

>自分と結婚すれば良いと言った新羅との事も気になる所ですw<br />

<br />

あそこで「吹っ切れた!」はわかりにくかったですよね!<br />

なので、流架さんのとこにも書きましたが最初は「キレた!」だと思ったんですよ。<br />

まだその方が納得いきません?(爆)<br />

岸谷はとにかくセルティが自分のとこからいなくなってしまうのを恐れてる感じで言葉の裏に必死さを感じたんですが、それ以上に何か首に何かあるんでしょうか?どうもこの作品は深読みしたくなってしまいます(^^ゞ<br />

<br />

>次回は全ての事がスッキリしそうな感じですね!<br />

>…出来るならシズちゃんの出番がもっと増えてくれると嬉しいのですが(苦笑)<br />

>ではでは、失礼しました!<br />

<br />

なんか2人で
rumi0503
URL
2010/03/25 16:41
デュラララ!! 第11話「疾風怒濤」 SOLILOQUY別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる