SOLILOQUY別館

アクセスカウンタ

zoom RSS デュラララ!! 第12話「有無相生」

<<   作成日時 : 2010/03/26 14:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

デュラララ!! 第12話「有無相生」











有と無は、有があってこそ無があり、無があってこそ有があるという相対的な関係で存在すること。


また、この世のものはすべて相対的な関係にあること。



出典:三省堂「新明解四字熟語辞典」














公式HPより











首に傷のある女を取り戻すため帝人に襲いかかった誠二に、女の口から告げられた真実。それは誠二を、そしてセルティを驚愕させた。打ちのめされ呆然とする誠二と、壮絶な怒りでもってその場を去ったセルティ。相対した真実に、それぞれはどんな答えを見つけ出すのか――。一方、そんな運命に翻弄される人々を見つめる帝人に近付く人影。それは情報屋・臨也だった

















彼女を取り戻したさに帝人に襲いかかった誠二を寸でで止めたのはセルティ








「君には感謝しなくちゃな。君がいなければ姉さんはまた彼女を狭い研究室に閉じ込めていただろうからな」





とにかく警察が来る前に逃げる為に彼女を返せと言う誠二


責める帝人に反論する誠二


小さい頃から解放してやりたかったと





殴ってみても痛みは感じない。2人の愛に痛みは関係ないと叫び続ける誠二にとうとうセルティは大鎌を出す。


止めたのはあの首の傷の少女だった





誠二とセルティの間に立ちはだかり、目に涙を溜めて必死に庇う彼女


それを見て違和感を感じるセルティと帝人





「君の名前は張間美香・・さん。そうなんでしょ?」





帝人にそう言われて項垂れる彼女








「ウソだ・・ウソだろ?」





「ごめんなさい!」





美香の行きすぎたストーカー行為


入試の時、彼女の右隣は帝人。そして左隣りが誠二


一目惚れした彼女はとうとう工具を使ってピッキングをしようとしている


そして不法侵入した彼女は部屋でセルティの首を見てしまった





背後に音もなく立つ誠二





「見たな」





そしてむんずと掴み壁に強く頭部を叩きつける








「私まだ死んでなかったんです!」





なんと!全てフリ?a


それは誠二の愛を獲得する為


波江にそうアドバイスされたと





君の名前はセルティ。それが首の名前だからと。


それで彼の愛を得るためにセルティになりきろうとしていた美香





うがぁぁーーっ!こんな形で関わっていたのか!>岸谷っ!








セルティと知っている人間


デュラハンだと知っている医者








「そんな人間、この街で1人しかいないっ!」








とうとう気付いてしまったセルティは黙ってその場を立ち去ってしまう


そしてやはり聞かされた真実に立ちつくしている誠二の背後にいつの間にか立っていた臨也





「俺は・・」





「ま、君は本物と偽物の区別すらつけられなかったわけで、アンタの愛はその程度って事だねぇ


御苦労さん♪」









その言葉にガックリと座り込んでしまう


誠二を抱きしめる美香


そんな2人を見た帝人は





「張間さんは矢霧くんとすごく似てるんだと思う」





性格には難があってもストーカーではないと。一度自分を殺しかけた相手を愛し続けるのはいろんな意味でスゴイと思うと。





うーん・・・ここでの帝人の言葉にはあまり共感出来なかったんですけどね(^^ゞ


確かにこの2人の愛し方は似ているかもしれないけど














「おかえり」





マンションに戻ってきたセルティは岸谷の胸倉を掴みあげる





「どういうつもりなんだって言いたいんだろ?」





セルティが真実を知って戻ってくると予めわかっていたかのような落ち着き具合


そしてセルティが言いたそうにしている言葉を勝手に並べる


その上で、父親が首を盗んだ本当の犯人かどうかは知らないし興味が無いと付け加える


そして美香に施した整形は矢霧製薬に唆されたかは別として彼女の望みだったと





この辺はなんか美香の言葉とちょっと食い違う気がしたんですが








「おまえは私の考えてる事がわかるのか・・かな?


うん、わかるよ。君の事が20年も好きだったんだ。これ位の事はわかる」






「何をいまさら・・なら何故首の事を黙っていたんだ」





「君が好きだから。だからこそ首のありかを黙ってた


首を手に入れたら君が何処かへ行ってしまう。それが僕には耐えられない


君の幸せの為なら とは言わないよ」









これは自分とセルティの愛を賭けた戦いだと岸谷は言う


セルティを繋ぎとめておけるなら他人の愛も死も自身もセルティの思いすら利用すると


首を取り戻して正常の状態に戻ったら消えてしまうんじゃないかと





セルティの消失・・・それが恐いと





誠二と美香の愛も凄まじいけど、岸谷もかなりのものです(>_<)








そしてセルティが告白する恐れ それは「死」


死を司る核・・首こそがその核だと





「悪夢を見て恐怖に震える私を信じるか?」





そして自分の死を管理したいから首を取り戻したいのだと


そう告げるセルティに君しか信じないと断言する岸谷





そして全て曝け出した後、セルティは言う一発殴らせろと


殴られた岸谷も殴らせろと


しかし、それはヘルメットを飛ばした程度。





「今のパンチは誓いの口づけの代わり」





そう言ってセルティを抱きしめる


そんな岸谷の腹に一発のパンチが(爆)





ソファの上で岸谷に抱きしめられたままのセルティ





「泣いているのかい?」





「おまえは本当にバカだ」





これも1つの愛の形?


やっとこちらの愛は一件落着?

















ハンズ前


すごかったと1人ゴチる臨也の前を美香に連れられた誠二がフラフラと歩いていく。





自分を刺そうとしたメスを手にする帝人に近付く臨也








「正直驚いてるよ。


今日、突然集会をやると言ってわざわざ集まるのがこんなにいるとはね〜


人間とは本当に想像以上だね」






そして非日常を求める帝人に別の土地に行くかアンダーグラウンドなものを勧める


でも、それらも3日も経てば日常になってしまうと。





「本当に非日常を目指すなら進化し続けていくしかないんだよ」





だから日常を楽しめと。


そして今回教えた波江の電話番号はタダに。そして帝人がダラーズの創始者である情報は売らないでやると恩を売る





そこへ突然飛んでくるポスト





「いーざーやぁーーっ!」





キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー シズちゃんだ♪





それを見て引き上げていってしまう臨也





「じゃあ頑張れよ!田中太郎くーん」





この言葉で臨也が甘楽だとわかり仰天する帝人

















そして翌日、呆気なくいつもの日常へと戻っていった面々


ネットでダラーズの集会があったのを知ったと話す正臣


彼の情報がかなり正確だったのに私は驚いたけどФ





そして彼女の首がセルティじゃないとわかって愕然としていた誠二も、美香を愛する事は出来ないが、美香を見る度にセルティへの愛を忘れる事はないから美香の愛を受け入れると結論を出しました。


その言葉に頬を染める美香


勝手な結論だと思うのに・・・美香はそれでいいんだ?








そしていつものようにチャットルームに入る帝人


待機していたと話しかけてくれたセットン


セットンの正体はセルティ・・だった








そのセルティの日常もいつもどおりに戻った


岸谷が受けた依頼をこなす日々





「吹っ切れたみたいだね。いや〜幽霊ってのはコソコソと突然現れるから恐いのであって


あれだけ派手に登場したんだ。もうアンタを恐がる奴はいないさ」






さらに波江をまだ追っているなら力になるから電話してとセルティを煽る臨也





「またね」 ニヤリと笑う臨也が恐いa








しかしセルティは今までにない充実感を感じていた








「私はここにいる


あなたはそこにいる


私があなたの救いなら、あなたも私の救いだ」















そして帝人は臨也に言われた言葉を考える


そんな帝人に近付いてきたのは登校してきた誠二





「悪かったな・・色々と」





しかし、何故に上から目線?(爆)





そんな誠二と片時も離れない少女を見る杏里はこれからは美香と行動することはないだろう








――進化し続けるしかない――





臨也に言われた言葉


しかし、あれだけの事をしながら、杏里を遊びに誘うのが大変なのは以前と変わらない


そんな帝人が杏里に告白するまであとどれくらい時間がかかるのか?

















「しかし、あんたも馬鹿な事をしたね


弟の歪んだ恋心の為に全てをふいにして」









そう言いながらずっと美香に不安の種を植え続けていたのは臨也


そして矢霧から清掃車が出ていった情報を貰い美香にその部屋を出るよう指示したのも臨也


この一連の動きはやはり臨也の敷いたレール上での出来事だった





そして臨也の事務所に波江によって持ち込まれたのは本物のセルティの首


そして唐突に波江にデュラハンが女性に限られているという話を始める





「ヴァルハラ」「ヴァルキリー」





ヴァルハラまで勇敢な戦士の魂を運ぶ女性がデュラハンという説があり、


今、この首が生きていながら眠り続けているのはここが戦場ではないから


臨也はこの首の目覚めを望んでいてその戦士に選ばれたい


死の後のヴァルハラを見たい


その為に自分で出来る戦を仕掛ける  それが臨也の最終目標なのか?








「みんなで天国に行こうよ」








ダラーズの一員として自分がこの首を預かると。





しかし、この言葉、臨也が言うと限りなく恐いんですけど





「地上に堕ちた天使を俺たちの手で羽ばたかせてやろうじゃないか ねぇ。」














わぁ(>_<)やっぱり臨也恐いっ


勝手にパスワードを配布していたのも臨也でしたよ!


かなり広く関わってるだろうとは思ってましたがここまでとは・・・


しかし、ここに出てくる連中の恋する相手への執着が強過ぎるっ!(>_<)








結局首は波江の手を離れて臨也のもとに。


どうして臨也が選ばれたのか?それは疑問に感じてはいけないのか?


でも、首に関しては解決しきれていないし、臨也の企んでいる戦や言葉


言ってる事がわからない部分が多いだけに恐ろしいものを感じるし。





ここまで深く関わり、なんか不思議な出来事全てが臨也に牛耳られてる気さえするこの流れ。


影で臨也によってまた非日常がまたすぐ起こりそうな恐さ





セルティの括り方はちょっと安易だろと思いつつもとにかくこれで首事件は解決・・ですかね?





そして次回からまた新たな展開を見せそうな予感


黄色いバンダナが見えた辺り、黄巾賊関係か?


またラストに出てきた白バイ警官が気になります

















にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ1クリックお願いします 励みになります
















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
TITLE: こんばんは!
SECRET: 0
PASS:
るみさん こんばんは♪<br />

<br />

ようやく首の一件に関する全ての話が繋がりましたね<br />

結構色々な人が関わっていた感じですが<br />

どの人も歪みまくってて困ります(苦笑)<br />

誠二と美香の結末は…それで良いのか?とツッコミ所満載ですがw<br />

<br />

それにしてもやはり裏で大きく動いてたのは臨也だったようで、波江がセルティの首を預けに来るのも思惑通りだったりするんでしょうか…<br />

まだまだ何か企んでそうですし、今後の臨矢の動きも気になる所ですね!<br />

最終的に首をどうするのか…意味深なセリフが怖いです(汗)<br />

<br />

シズちゃんも出番がありましたけど、臨也を追いかけるだけだったので<br />

もう少しちゃんとして出番があれば良かったですね<br />

今後の話で がっつり絡んでくれると嬉しいです!<br />

ではでは、失礼しました!
流架
URL
2010/03/26 21:10
TITLE: 流架さん
SECRET: 0
PASS:
こんにちはー(^^)<br />

<br />

>ようやく首の一件に関する全ての話が繋がりましたね<br />

>結構色々な人が関わっていた感じですが<br />

>どの人も歪みまくってて困ります(苦笑)<br />

<br />

首は繋がりましたよね〜<br />

しかし結局セルティのもとに戻る事無く・・最悪な人物に渡ってしまった?(爆)<br />

しかし、どうしてこうもまぁ皆さん歪んでらっしゃるのか?こうなるとシズちゃんすらフツーというか可愛く感じるアブナイ私がいます(笑)<br />

<br />

>誠二と美香の結末は…それで良いのか?とツッコミ所満載ですがw<br />

<br />

でしょ?誠二はイイとして、美香もそれでいいんですかね?受け入れて貰った事でOKなんでしょうか?<br />

どうにも理解不能愛です(^^ゞ<br />

<br />

>それにしてもやはり裏で大きく動いてたのは臨也だったようで、波江がセルティの首を預けに来るのも思惑通りだったりするんでしょうか…<br />
rumi0503
URL
2010/03/27 16:49
TITLE: 流架さん(続きです)
SECRET: 0
PASS:
>シズちゃんも出番がありましたけど、臨也を追いかけるだけだったので<br />

>もう少しちゃんとして出番があれば良かったですね<br />

>今後の話で がっつり絡んでくれると嬉しいです!<br />

<br />

やっぱり元気に憎みあって追いかけっこしててくれないと数秒ではつまらないというか、それだったらCMでも聞けるし(爆)<br />

ここまで話が進んでしまうとシズちゃんの出番はあの程度しかないんでしょうか?<br />

もっともっと話に絡んできて欲しいキャラですよね!<br />

<br />

コメント、ありがとうございました(^^)
rumi0503
URL
2010/03/27 16:50
デュラララ!! 第12話「有無相生」 SOLILOQUY別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる