SOLILOQUY別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週のノイタミナ(UN-GO、ギルティクラウン 第10話)

<<   作成日時 : 2011/12/18 02:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

片方は次回最終回という事で、ここにきてラストに向けて大きく話が動いたという事で久しぶりに取り上げてみます。


UN-GO(アンゴ) 第10話「海勝麟六の葬送」


『因果が姿を消した。だが、新十郎は一人で真実を求め続ける。TV局爆破事件を調べるうちに、海勝が別天王を使っていると疑う新十郎は、真実を明らかにするため、一計を案じる。予算委員会で行われる海勝の参考人招致。病院からの生中継音声に細工をすれば、言葉で人を操る別天王の力は封じることができるはずだ。厳しい追及を難なく退けた海勝は言う。「真実など無数にある。一つの真実で満足するのは、そこで考えるのを止めるにすぎない」。その言葉に怒りを感じた新十郎は思わず海勝を問いただし、切り札として梨江に証言を求める。梨江は語る。「TV局が爆発した直後、私は自宅で父を見ました」。TV局の海勝は、別天王が生み出した幻だったのか。そこに因果が姿を現す。因果が真実を語るようにと迫るのは、思わぬ人物だった。』




次回、いよいよ最終回という事で話が大きく動きました。
厳密には動き出したのは7?8話辺りの梶さん演じる小説家が出てきた辺りから。
この辺りから、新十郎が何故探偵を始めたか。そして因果との関係。
突如大きく関わりだした別天王
さらには、今までの事件が伏線として再登場するしてきています。

劇場版を観に行けていないので、ここでやっと新十郎は因果と「人を殺さない代わりに、御魂を好きなだけ与える」という契約が取り交わされている事がわかるわけですが、
相変わらず、因果の正体がよくわからない点。
別天王と因果の関係
因果の様子がここにきておかしくなってきた点(新十郎を別天王と近付けたくない風だったのに、自分は別天王と何らかの関わりを持っている様子)

またここにきて、突然気になってるのが倉満という新人議員。
特に10話での速水に向けた微笑みや、因果を証言台に引っ張り出したり。
ただの新米議員には思えないのだが。



そして何が動いたかといえば、今回のTV局爆破事件の重要容疑者となってしまった麟六を、ほぼ同じ時間に娘の梨江は家で見かけ話をしたと聞いた新十郎。
今回、その謎を解き明かす為に怪我で入院中の麟六を証言の席に引っ張り出し、それだけでなく梨江の証言まで出させる。
そこに姿を消した筈の因果が突然出てきて虎山に「一番許せないのに隠さなくてはならない事」=証拠を残さず改竄できるソフトを検察に提供していたという証言を話させる。


その件で大騒ぎに。

因果をやっと掴まえた新十郎だったが、「殺さずに御魂を喰うのは面倒くさい」と姿を消してしまう。

さらに、そんな大騒ぎの中、退院をした麟六が、娘や新十郎、そして報道の人間の目の前で彼を乗せた車が大爆発をし死んでしまうという事件が起こってしまった。
それでも、麟六と別天王は関係があると思っている新十郎はわざわざ麟六の葬儀にも姿を現す。

「会長を殺したのはおまえと・・私だ!」


だが、梨江に怪我の手当てをしている際に気付いた事ーーー


・倉満と因果は会っていた
・その倉満は麟六と共に爆破に巻き込まれて死んだ水野と大学時代の先輩後輩の仲。
なのに、新十郎が見た時の様子はとても知り合いとは思えなかった事。
・6話に出てきた矢島の依頼を水野が知っていた事
・麟六が退院する際に口ずさんでいた曲は幻の夜長姫の歌だった事
・小説家の証言により、生きた人間では無理だが、死んだ人間なら生きていたと錯覚させる事は可能と知る。


そこまで新十郎が麟六が別天王を手に入れたと信じて動いている理由は・・・
死んだ筈の麟六からパーティの招待状が届いたからだった




とにかく、次回、どう話をまとめてくるのか?
いろいろわからない疑問をどこまで明らかにしてくれるのか?
私としては、速水すら怪しい存在に見えてしまっているので、30分でどこまで明らかにしてくれるのかわかりませんが楽しみにしたいと思います(^^)






ギルティクラウン-GUILTY CROWN- 第10話「縮退 retraction」



ジュンを救えなかった……。 自身の慢心が引き起こした過ちから、ヴォイドを使う恐怖に心を蝕まれてしまったシュウ。 葬儀社の作戦も放棄し、メンバーを危険にさらしてしまう。 失意の中、更なる過ちを重ねていくシュウは、築き上げてきた絆を次々と失っていく。 そんなシュウをよそに、“はじまりの石”奪還作戦を開始する葬儀社。 だが、彼らの作戦のさらに裏側では、ある人物による最悪のシナリオが動き出し……。 ――その日、ロストクリスマス以来の最大の危機が、東京を襲う




こちらもここにきて大きく話が動いてきました。


まずは9話で谷尋の弟・潤を助けられなってからおかしくなってしまった集。
何でもない人までアポカリプスウイルスに侵されてる人に見えてしまうなど不安定になってしまう。
今回の自分の慢心が引き起こしてしまった事態にヴォイドを使用するのも恐くなってしまった。


供奉院家にやってきた涯
当主に何故戦うのか問われると

「女の為です。たった1人の女をこの手で抱きたい。だから戦っています」と答える。

それにしても、涯は誰の息子なのか?


そして涯が探す「はじまりの石」は集の父・クロスのIDを使って盗み出した修一郎が、あっさりGHQに出頭した事でヤンの手元にあった



すっかり戦う意思をアシなった集を叱咤する綾瀬に対し、涯は銃を一発撃ち「これでおまえは死んだ。二度と俺たちの前に姿を現すな」と言い残し立ち去る。


いのりも引き揚げさせるという言葉に家に戻った集
だが、出ていく際にいのりが集に自分の新しい歌を手渡そうとするが、その際にいのりによく似た少女がアポカリプスウイルスに犯されていく映像が浮かんできて、思わずいのりに「化け物!」と言ってしまう。

その言葉にショックを受けそのまま出ていってしまういのり



その裏で、ヤンが「はじまりの石」を持って一時帰国する準備が着々と進められていた。
張り切っているダン。
そしてその石を奪う為に集抜きで準備を進めている葬儀社

だが、アポカリプスウイルスの症状を抑える限界に来ている事を知る涯
そんな彼にいのりは集に化け物と言われた話をする

「やはり、おまえもアイツを選ぶのか・・・」

それはいのりに似た少女を指しているのか?


「集を巻き込まないで!」

春夏が修一郎の所に抗議にやってきた
すると、集自身「王の力」を継承し、葬儀社にも関わっている事を春夏に伝える。
そしていのりが集の隣にいるのもただの偶然ではないと。
驚愕に見開かれる彼女の目



いよいよ、作戦が実行に移される
だが、どうやら葬儀社の行動は予想の範囲内だったようで、内部の人間も知らない監視カメラに切り替えさせる。
さらにアンチボディズ全員にワクチンDを摂取させる。

「茎道局長、これでイイのですね?僕は知りませんよ」


途中までは上手くいっているように見えた葬儀社の作戦。
だが、ここで修一郎がとうとう立つ

涯たちが奪取した飛行機は無人。
そしてヴァルツがはじまりの石を発動させる。



その頃集は、祭を呼び出し、彼女の好意を利用しようとして拒絶される

「集は私の事全然見てない!私を楪さんの代わりにしないで!」

こうして、どんどん集は周りの人間との絆が切れていく

その時、何かが街を覆うのを感じる。
そして聞こえる歌

苦しみ始める人々
涯の身体からは結晶が!!

「これは・・遺伝子共鳴」

次々身体が結晶化していく仲間達
そして修一郎を迎えに来たアンチボディズ

涯は気絶
葬儀社の基地には一斉攻撃


「人類の未来を。さぁ、始めよう。あの日、あの失われたクリスマスの続きを!」


「ダメ!止めて!!この歌じゃないの。起きてしまう、あの人が」





度々、集がヴォイドを使用する際に出てくるいのりに似た少女にまつわる人々。

いよいよ、修一郎が動き出したわけですが、石を発動させて何をしようというのか?
ダメダメっ子になってしまった集は立ち直れるのか?
今回の集は温室育ちのダメっ子状態だったので立ち直って欲しいですけどね〜。
ラストのユウの笑顔も気になりますし。

いのりの言う「あの人」とは誰なのか?

謎と伏線もまだまだ多いんですが、やはりここで修一郎がいきなり動き出した事で、いよいよ前半終了。
いよいよ物語の中枢に斬り込んでいく展開になってきたんじゃないかと。

今まで以上に目が離せなくなってきました!







にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

↑よろしければ1クリックお願いします



 UN-GO 第1巻 [1/27発売]

 ギルティクラウン もふもふひざ掛け 集と涯 予約

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ギルティクラウン」第10話
ロストクリスマスを、再現… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.A
2011/12/18 06:21
ギルティクラウン 第10話 「縮退 -retraction-」 感想
「ギルティクラウン」 ...続きを見る
アニメとゲームと情報局!
2011/12/19 12:27
ギルティクラウン phase10「縮退:retraction」
ギルティクラウンの第10話を見ました。 ...続きを見る
MAGI☆の日記
2011/12/20 09:52
◎UN-GO第10話「海勝麟六の葬送」
結城:海勝はベッテンノウを使ってる、のばなしにできるか。ミネ議員が、海勝を国会招致。ベッテンノウ対策として、音声合成ソフトを使って声を置き換えてた。結城:リエさん、あの... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/05/05 21:44
◎ギルティクラウン第10話「縮退:retraction」
シュウがハレを呼ぶ。家に帰るのを嫌がる。ガイは、クホウインと密談。シュウが学校にいくが、トラウマになってた。アヤセさんが心配してみにくる。シュ:やめたいんです。アヤ:キ... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/05/09 22:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
今週のノイタミナ(UN-GO、ギルティクラウン 第10話) SOLILOQUY別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる