SOLILOQUY別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 心霊探偵 八雲 第4,5話

<<   作成日時 : 2010/11/03 13:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

心霊探偵 八雲 第4,5話








こちらも先週サボってしまったので2話分一気に!








現在、「月刊Asuka」で連載中の話が今回映像化に。


コミックの方には原作には無かったシーンも付け加えられているとの事のようですが、部分的ながら読んでいるので、アニメはどんな風に展開されるのか感心を持ちながら見てみました














第4話「魂をつなぐもの 〜憑依〜








連続女子高生殺害事件の取材をおこなっていた真琴が、霊に憑依されてしまった。一方、晴香は、友人の真由子から幽霊を目撃したと相談を受けるが、八雲に話を持ちかけずに単独で行動を開始する。


後藤の依頼を受けて真琴と面会する八雲。確かに真琴には霊が取り憑いていた。その霊の正体を探るうちに、八雲は、忌まわしき過去と対面することに…












土方真琴が車で走っていると道に人が倒れている


外に出て揺り動かすと苦しみ出すその男はやがて動かなくなる


しかし、次の瞬間、気配を感じて振り返るとその男とソックリの男が・・・











女子高生連続誘拐殺人事件、現場





足に施された仕掛けや表情からして連続殺人事件の可能性が高いと言う畠


さらに橋本留美という少女が行方不明








後藤刑事は・・・なんと左遷(>_<)


「未解決事件特別捜査室」


でも、後藤さんからすれば、今の方が動きやすい?





部下は石井君だけ


そこに署長の土方から内線が

















大学では晴香が友人から幽霊に関する頼まれ事を


その頃八雲はジッと赤いペンダントを見ていた


脳裏に浮かぶ女性


そこに入ってくる晴香。


あれから正式に映研同好会の一員になってしまった(笑)


「綺麗」と褒めたペンダントは八雲の母のモノ





「僕にとって人間とは二種類しかいない


僕の赤い目を奇異の目で見るヤツと、その力を利用しようというヤツだ」






それを聞いてドキッといる晴香。


そこに図々しく入ってくる後藤そして遅れて石井が





「ちょっと一緒に来て欲しい場所があるんだが」








先ほどの友人には現地の下見をすると言って、自分だけで行く晴香











後藤の頼みというのは5日前


道に倒れているという通報で駆け付けると1人は真琴。もう1人は安藤隆。


安藤は薬物で既に死んでいた


元医者で、3年前に一度違法な薬物を横流ししたり等の罪で捕まった事がある。


だが今は問題なのは真琴。


幽霊がとり憑いたと家族は言っているという








その晴香は地図のとおりに友人が幽霊を見たという場所に


すると、自分の死んだ姉と同じ名が彫られた石が。


川を見ると少女の幽霊が晴香を見て「やめて」と叫んでいる


何故かそのまま川に入ってしまう晴香











真琴の部屋に通されると突然起き上がった真琴が2人を睨み唸る。


八雲の目で見てみると、真琴を雁字搦めにして肉体を乗っ取ろうとしている安藤の霊が


この事で自殺の件は消えた。とにかく真琴を救う為に安藤を調べる事となった











連れて行かれたのは検視官の畠のところ。








「気付いてないんですか?彼は後藤さんに好意を抱いてますよ」





上司だからという尊敬とは別の強い思いを感じると言う八雲


その言葉をBLチックな意味合いに受け取り焦る後藤Ф


変に意識して可笑しいです(ニヤニヤ)








畠に言われて石井が持って戻ってきた遺留品の箱の中にはどこのものともわからない鍵2つと本


本の間から出てきた1枚の写真


ストラップからアヤカだというのはわかったが・・・





まずは、その少女のバックに写っていた木下産婦人科に


すると木下は八雲の母を知っていた








その頃晴香は木下医院で目を覚ます


廊下で八雲達が話しているのを聞いてしまう








なんと!木下は八雲を取り上げた医師だった





「お母さんは・・梓さんは元気かい?」





10年以上前、八雲を殺そうとしてそのまま消えた。


その母が下げていたのがあのペンダント


そして助けてくれたのが後藤








「先生にお尋ねします」





自分を産んでこの赤い目を見た時の母の様子を訊ねる八雲


答えにくそうにする木下だったが「恐怖のあまり、ひどく取り乱した」と答える





晴香はショックで声が出なかった


しかし、もっとショックだっただろう八雲は





「やはり僕は望まれて生まれた子供ではなかったのでしょう」とだけ言った





黙って出ていった八雲を晴香が追いかけていくと川でジッとペンダントを見ている八雲


突然、それを川へ投げようとする。


それを止める晴香





「わかんないに決まってるでしょ!八雲君、私に何も教えてくれないじゃない!


どんな理由があったかわかんないけど、それでもお母さんはお母さんでしょ?」









「すまなかった」





そんな悲しい真似はしないでと言う晴香にそのペンダントを預ける八雲











「己の過去を知り、母への憎しみを抱きながらも、それでもおまえは闇を拒むというのか


それもまた1つの道ではある」






そう言って八雲を見ながら笑う赤目の男


いずれは梓のように明けない闇に飲み込まれると言って





そして木下に娘の魂を憑依させるのに格好な器が見つかったと伝えさせる赤目の男・・・それは晴香?























第5話「魂をつなぐもの 〜蘇生〜」








事件の捜査に復帰した八雲は、晴香や後藤とともに行動を開始する。だが彼らの行動は「ある人物」にマークされていた。人の心の闇をかぎつけ、言葉巧みに誘導し、相手に罪を犯させる。その男の両目は赤い…  両目の赤い男の画策によって死の危機が晴香に迫る。一方、男の存在に気づいた八雲と後藤が現場に急行する。果たして八雲は晴香を守れるか?そして、両目の赤い謎の男の正体は!?














「もう・・やめて」








晴香の友人が見た川に浮かぶ幽霊

















晴香が何故木下医院にいたかの経緯を聞く八雲


幽霊絡みと知った後藤は八雲に任せればと言うが





「力を利用するだけの人でいたくなかったから」





その言葉に微笑む後藤








川に亜矢香の霊を見た八雲は木下のもとに戻り説明をする


安藤との関係を後藤が聞いている間、八雲は木下の本棚を見ると転生に関係する本が





「先生、あなたは亜矢香さんの復活を願っていませんか?」





当然だろうと返す木下











とにかく今度は鍵を調べ始める後藤達


石井はコインロッカーから大量の札束が入ったバッグを見つける





八雲は水門の所で止めさせる


見ると壁に鍵と同じナンバーが


ビンゴ!水門横の部屋の鍵と一致する。さらに中に閉じ込められていた橋本留美を発見した。





これで安藤が一連の誘拐殺人事件の犯人とわかる。


だが、真琴の件が解決していない








八雲は畠の所で被害者の写真を見せられる


皆、何故かとても安らかな顔をしていた


するとその写真の中からあの赤眼と木下が並んで映っている写真を見つける


動揺する後藤と八雲








その頃、木下のもとに礼に来た晴香





「あの男が教えてくれたんだよ。君こそ娘の魂の器に相応しい存在だと」





そのまま背後に近付く女性のスタンガンで気絶させられてしまう


そしてその事をわざと八雲に知らせる





「人は大切なものを失って初めてその本質が露わになる」





知らせてきた場所へと向かう2人





「あの男は僕を苦しめようとしている」





そして言われた場所=第七水門では木下がまさに晴香を重りを付けて落そうとしていた。


間一髪で晴香の腕を掴む八雲


止めようとする木下にタックルする後藤。だが、木下は重りを落してしまう


必死に引き上げようとする後藤と、阻止しようと殴りかかる木下





「俺だって八雲を利用してるだけじゃねえ!」





重しでとうとう落ちてしまう晴香


慌てて水に飛び込む八雲。しかし見つからない


しかし、晴香の場所を知らせてくれたのは母のペンダント





「今度こそ頼むぞ」





しかし、晴香に近付くと何故か苦しんでいるのは亜矢香


とにかく晴香は無事だった











「署に連れて行く前に1つ試したい事があります」





真琴と畠と面子が揃ったところで、八雲は木下が安藤を殺害した理由を問いただす。


その上で、確かに亜矢香は少女達に憑依したと話す。


だが、それは少女達の不安や恐怖を肩代わりする為。


木下が殺人を重ねる度に苦しんできたと





「あなたは父親なのに、娘を何度も何度も殺していたに等しいんです」





この言葉で完全にガックリとしてしまう木下。そしてそれを見て満足したのか?安藤も真琴の身体から離れる








闇に負けた木下。








「僕は認めない。アンタが父親だという事実を」





対岸で八雲を見つめ笑っている赤目の男を睨む八雲











やっと赤目の男と八雲の関係がハッキリしました。


ただ、コミックの展開の方が緊迫感があってよかったかな?晴香を沈めようとする木下と戦うのは八雲1人とか・・


今回は1話からの伏線が一気に解決している事もあって今までよりはマシな展開には感じましたけどね。


しかし、居場所を簡単に教えたり、本当に八雲を苦しめたいだけであれだけの殺人を唆してるんでしょうか?

















にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします








 【11/17】アニメ「心霊探偵八雲」主題歌 Key/Missing You(OP:Jangled Cat(cv.小野大輔)/ED:コミネリサ)










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
TITLE: 展開早すぎ・・(^^;
SECRET: 0
PASS:
こんばんは、rumi様。<br />

100万ヒット突破、おめでとうございますm(_ _)m<br />

<br />

こちらこそ、どうぞ今後とも宜しくお願いいたします。<br />

本当に、いつも見ることが出来ないアニメまで詳しく載せていただくおかげで、いろいろと楽しい思いをしております。<br />

ありがとうございますm(_ _)m<br />

<br />

それにしても・・・えっらく早いわぁ!<br />

早すぎる!<br />

<br />

と言うか・・・この展開は何?<br />

文庫本の長さを考えると、え?こんな1話で終わらせて良いの?って思います。うみゅ・・・・・<br />

<br />

どこまでアニメにするつもりかしら?<br />

ひょっとして、オリジナルで勝負??とか・・(こら)<br />


ソミュラ
URL
2010/11/03 21:42
TITLE: ソミュラさん
SECRET: 0
PASS:
こんばんはー(^^)<br />

<br />

>100万ヒット突破、おめでとうございますm(_ _)m<br />

<br />

お祝いコメントありがとうございます!まだ感激中です<br />

<br />

>こちらこそ、どうぞ今後とも宜しくお願いいたします。<br />

>本当に、いつも見ることが出来ないアニメまで詳しく載せていただくおかげで、いろいろと楽しい思いをしております。<br />

>ありがとうございますm(_ _)m<br />

<br />

そう言って頂けると頑張って書いてる甲斐があります。<br />

見れないけど興味はある!という作品をDVDで購入されるかレンタルにするか(笑)買うのは止めるかの判断程度にでもなれば幸いです(^^)<br />

<br />

でも、こうしてソミュラ様とお知り合いになれた事でいろいろ教えて頂いたり、気付かされたり、久しぶりにゲームまで購入しちゃったし(爆)<br />

これからも仲良くして下さいね!<br />

<br />

>それにしても
rumi0503
URL
2010/11/04 21:19
心霊探偵 八雲 第4,5話 SOLILOQUY別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる