SOLILOQUY別館

アクセスカウンタ

zoom RSS アクエリオンEVOL 第1〜3話

<<   作成日時 : 2012/01/17 17:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0

アクエリオンEVOL 第1〜3話


「創聖合体、ゴー!アクエリオン!!」


冬季アニメ第5弾です

なかなか、時間が取れずで一言感想で3話分いきます!



第1&2話SP 終末(おわり)を抱いた神話的禁じられた合体スペシャル



公式HPより


かつてアクエリオンが繰り広げた激戦が神話となって1万2千年後――
地球は次元ゲートの彼方より襲い来る無人機「アブダクター」の脅威にさらされていた。対するは、ネオディーヴァが運用する「アクエリア」。男女の合体が禁止されている神聖なる合体兵器のみであった・・・。
かりそめの平穏な日常の中「アクエリアの舞う空」という映画を上映していた少年アマタは、ガランとした映画館の中で少女ミコノに出逢う。頬には一滴の涙。アマタはとっさにミコノをデートに誘う。その出逢いが運命的なものであるとは知らずに・・・。




第3話 トキメキ指数☆急上昇


公式HPより


有人型アブダクターの襲来から身を守るため、禁断の男女合体を成し「アクエリオンEVOL」を目覚めさせたアマタとミコノ。彼らはネオディーヴァがエレメントを養成するために運営している学園に連れてこられることとなる。その学園の名は「聖天使学園」。「ベルリン」という高い高い壁により、男女が隔てられている学園であった。
禁断の力を目覚めさせたアマタとミコノは、その学園で一躍注目の的となっていた・・・。




恒例のキャスト貼り

アマタ:梶裕貴
ミコノ:茅野愛衣
ゼシカ:花澤香菜
カグラ:内山昂輝
ジン:福島潤
ミカゲ:中村悠一
イズモ:安元洋貴
シュレード:浪川大輔
カイエン:鈴村健一
アンディ:鳥海浩輔
MIX:藤村歩
サザンカ:中島愛
モロイ:佐藤健輔
ドナール:諏訪部順一
スオミ:小林沙苗





1回目放送の1&2話合体SPは・・・

主人公アマタと、彼が運命的なモノを感じた少女・ミコノとの出会い
そして本当に2人が運命の渦に巻き込まれていくところまで。


地球が救われてから、1万2000年後の世界
その頃の事はおとぎ話とされ、映画化されたモノ(「アクエリアの舞う空」)で伝えられるのみ
しかし、それもアマタのリクエストで流れているもののほとんど見る人もいない

そんな中、ゴミの掃除をしていると映画が終わったにもかかわらず立ち上がらず涙を流している少女が。

その少女に、アマタの記憶の中に出てくる少女と重ね合わせてしまい、思わず声をかけてしまう。

「もし、よかったらちょっとお喋りしませんか?」

思わぬ誘いにドキドキするアマタ

彼には秘密があった
ドキドキすると身体が浮き上がるというエレメント能力があった。
だが、靴の中に重りを入れて周囲には悟られないようにして生きてきたのだ

小さかった頃のアマタが目にした眩い光。
その中を空中へと上がっていく少女

「置いていかないでー!!」

運命を見送るしか出来なかったあの頃の自分。
でも、今は違う

待ち合わせの場所へと行き、デートをするアマタ



現在、堕天翅族ではなくアルテア界に侵略を受けている
アブダクターが度々攻撃を仕掛けてきていた
そのせいで、この街も人口が減っているようだ

そしてそれを守っているのがアクエリア
聖天使学園(アクエリアに選ばれた者のみが入れる)の生徒が乗っている(男子部、女子部に完全に別れている)
アクエリオンとの決定的な違いは、名前がアクエリオンからアクエリアに変わっている事。
合体も、以前はいろんなパターンが可能だったのに対し、12000年後は男女の合体はご法度になっている。
※グイゼ・ストーンというもので男女の合体が出来ないようにされている


女子部がまるで修道院のようなのに対して、男子部はまるで軍隊のよう。



「アマタ君もアクエリアに乗ってみたいと思う?」
「・・・そんな風に思った事もあったかな」

そう言いながら暗い表情のアマタ

「私達、出来っこない同士だ!」

自分なんかに出来っこないと言うアマタに自分もそうだと微笑むミコノ
それを見て、また宙に浮かびそうになるアマタ

でも、なんかイイ雰囲気


だが、突然のアブダクターの出現により、イイ雰囲気どころでは無くなってしまう。

街を襲い、人々を次々に捉えていくアブダクター
倒すため、出てきたアクエリアも数の多さに苦戦する。
さらに大型のアブダクター(カグラ・デムリが騎乗)の出現で、男子部、女子部各々のアクエリアが動けなくされてしまう。

「異次元からの来訪者?!」


kagura

「面白ぇ。こっちの獲物は匂いが違いやがる」

教官含めて仲の悪い女子と男子。
しかし、そんな中でそれなりに協力して敵を倒すために必死に戦っているが、その戦いにアマタとミコノが巻き込まれてしまう。
像の下敷きになってしまった2人。

アクエリアに攻撃していたカグラが突然方向を変える。
ターゲットはミコノ
それに気付いたカイエンだったが、ミコノを呼ぶ声にカグラから止めを刺され合体が解除されてしまう。
それを見たアマタはとうとう、自分の秘密を晒す決意をする。

ミコノを守る為にーーー

それだけでなく、合体解除後アクエリアに強制排出させられたパイロット達



アマタは靴に忍ばせていた重りを取り去る。
それと共に宙へと浮かび上がる2人

「君を・・・ミコノさんを守りたいから!」

tsubasa

アマタの背には太陽の翼が出現する

kagura2

そしてそこに一機のベクターマシンが現れ、中に吸い込まれる2人
禁断の男女同乗。だが、強制排除が出来ない。 アクエリオンが呼び寄せたのか?

「わかる気がする。今、俺のやるべき事が」

すると、ベクターを抑える敵のアブダクター

「偽りの名を破壊せよ。破壊し叫べ。真実の名を
その時、神話は君を受け入れる!」


この男は一体誰?

すると、それが聞こえたのか?アマタは叫ぶ

「創聖合体、ゴー!アクエリオン!!」

すると、そこにいたカイエンとゼシカの乗るベクターと合体をする
今までの常識がバラバラになって砕ける感覚。
そして、それと共に砕け散るグイゼ・ストーン

「アクエリオンが進化している!」

驚くドナールとスオミ

「なんだ、こりの匂い・・・凄まじく臭い」

初めて見るアクエリオンに反応するカグラ

「新たな形に刻まれた禁断の名。アクエリオンEVOL
終わりを抱いた神話が、今、始まろうとしているーーー」




アクエリアに別形態が存在した事も知らないスオミ
不潔と叫ぶMIX
ミコノに威圧的に接し、アマタから離れるように言うカイエン
一般人の2人がヘッドではまともに戦えない。だが、相変わらず強制解除は無理。

「あの時と同じか・・・」

ドナールは何か知っているようですね



合体は果たしたものの、全く動かないアクエリオンにカグラは焦れたように攻撃してくる。
しかし、戦いの経験が無いアマタ
ミコノも恐怖に逃げようと縋る
さらに、敵の増援部隊?
しかし、これらはカグラを連れ戻す為に来たのだった。
だが、言う事をきかないカグラ

「戦う意味を決めるのは俺だ!」


「やられっ放しじゃないから!」

ゼシカがアマタをサポートする。

pah

この辺もアクエリオンらしい!(^^)

アマタと共鳴している事によってゼシカのエレメント能力がUPしている
敵一体やっつけただけでなく、カグラの機体も足が吹っ飛んだ。
すると、味方の機体から足をもぎ取って自分のアブダクターに装着してしまう

「匂う。匂うぜ。匂いのもとに喰らいついてやんよ」


その一方で、すっかり動揺しただただ泣くばかりのミコノに呆れるゼシカと叱るカイエン。
だが、突然、喪服の結婚式のビジョンが浮かび上がる。
これはカイエンの持つエレメント能力だった
本来、カイエンしか見えないものだが、蘇ったアクエリオンが見せているのだ。
そしてこれはカイエンが見ていた悪夢

最悪の合体

式を挙げているのは・・・ミコノとカグラ?!Σ( ̄ロ ̄lll)

そのビジョンの向こうから突進してくるカグラの機体

「そこにいるんだよな?臭いの元凶  クソ女だ!

そして、カグラの攻撃で完全に拘束され電磁波で痺れさせてくる
絶体絶命のピンチにカイエンは無茶な合体。さらにはミコノを巻き込んだ事でアマタを激しく責める。
それを聞いて、ミコノを助ける為に使うつもりの無かった力を使ったのに、返って危ない目に彼女をあわせてしまったと後悔する

すると再び正体のわからない眼帯をした男がアマタに語りかける 覚悟はあるのかと。

ミコノと2人っきりの空間
その中で礼を言い、そして詫びる彼女
ミコノの涙を。さらに自分の胸に置かれた彼女の掌を感じたその時、アマタは叫ぶ

「ミコノさんのてのひらって小さくってスベスベで、あったかくて・・・
やわらかーい!!


すると、一度は停止したアクエリオンが再び息を吹き返す。
そしてそのままカグラを乗せた機体ごと衛星軌道上へと猛スピードで浮上していく。

fly

キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー なんか滾るわー!

岩に叩きつけられたカグラは反撃しようとするが、イズモに止められそのまま異次元へと戻っていった・・・



地球に戻ったアマタはいきなりカイエンに殴られ失神。
ミコノと共に連れて帰るようドナールに命令される


「俺はやっと見つけたんだ。俺の事を待っていてくれるただ一人の人ーーー」


そしてアルテアに戻ったカグラ

アマタの力を危惧するイズモ
そしてカグラを出迎えたジンという青年

「見つけたぜ!俺だけのクソ女をな」







目が覚めたアマタは聖天使学園の寮のベッドに居た
案内役を任されたというカイエンと共に説明を受けながら学園内を。
しかし、まさに時の人。みんなからの注目の的だった

そして男女を分ける高い壁。ベルリンの壁の向こうにミコノはいると教えられる。
さらにカイエンはミコノの兄だと教えられる。

スズシロ家は代々エレメント能力を持つ家系だったが、何故かミコノだけはその能力が出なかった。
そのせいで極度の臆病だったと語るカイエン

「アイツは生まれつきの弱虫なんだ」

だが、彼女とデートしていた時に言っていた言葉とかなり違う。

「今のミコノさんは違う・・気がします」

その言葉にカッとしたカイエンがアマタを殴ろうとするのを止めたのはドナール。

「おまえが封印を解いちまったからアクエリオンだ」


午後からのアマタの適性検査。
感情によって浮遊する力はわかったものの、直接グイゼ・ストーンを破壊した力と結び付かない。
とにかく、また敵が襲ってきたらアクエリオンで対抗するしかない。

きっとアマタの心の奥底にアクエリオンに対する記憶が眠っている。
それに基づき検査は続けられる。
ところが、深層心理に到達しようとした時、何者かの妨害にあってしまう



学園内で掃除をする男は、正体不明ながらアマタに話しかけたオッサンですね(^^ゞ


教室では、初めての男女合体を果たしたゼシカも注目の的だった
羨む者多数の中で男子を汚れ呼ばわりするMIX
その矛先は妹であるミコノに向けられるが・・・

「私は出来っこない子なんです!」

家で唯一能力を持たない彼女はそう叫んだ




「邂逅のセレナーデ」

ピアノの前に立つ眼鏡男子はシュレード・エランかな?



一方、アマタは壁1枚隔てた向こうにミコノがいるのに会えない悔しさを感じていた。
ピアノの音に導かれるように学園の庭へと出て歩いていると、落とし穴に落ちてしまう。

そこで穴を掘っていたのはアンディ。
アンディの力は脆い部分を見つけ出せるというもの。
特殊な力を持つのは自分だけじゃない事を実感できて嬉しくなるアマタ
なんとか女子棟に辿り着きたい為に掘っているというアンディの言葉に、ミコノに会いたいアマタは協力する事に。

「俺たちはたった今から穴掘り兄弟だ!」

やーめーれーー!



これ、聞いたばかりなのよぉー!!
変な妄想しちゃうからっ!!(爆)


「ミコノさんに会いたい!」



同じ頃、ピアノの音に導かれて庭に出てきたミコノはアマタの事を考えていた
選ばれたアマタに対し、多分違う自分。
その時、地面から突然アマタの姿が。
思わずミコノが悲鳴を上げるとドキドキで身体が浮いてしまうアマタ。
だが、運の悪い事にミコノのスカートに頭を突っ込んだまま浮いてしまった。


なんとか力が消え地面に落ちたが、この件でミコノを怒らせてしまう

「そんなところまで掘ろうとするなんて・・・おまえ、只者じゃないな」

もう全てがヤバく聞こえるから マジに(笑)





月に一度の公開模擬戦の日

アマタ、カイエン、アンディの3人が選ばれた
ヘッドはアマタ

しかし、アマタの心はミコノにしてしまった事への後悔ばかりだった

「とにかく謝って誤解を解きたい!」

しかし、そんな事を考えながらなせいなのか?上手く合体出来ない。

「この模擬戦は女子も見てるんだよっ!」

このアンディの言葉にミコノも見ていてくれる事を知る。

「ミコノさんに伝えたい事があるっ!」

その思いが、彼のスピリットレベルを急上昇させる。
アクエリオンゲパルトに
そしてアマタの能力で高く飛びあがり全身に炎をまとい・・・

「ミコノさん、受け取って下さい!」

平身低頭覇  土下座?! Σ( ̄ロ ̄lll)

あまりの事に全員口アングリ。
それだけでなくプログラムまでエラー って(≧m≦)ぷっ!

「なんて奴だ・・・なんて・・すっとこどっこいだ」

とにかく、そんな中、ミコノにはアマタの気持ちが通じたようだった



「さーて、聖地巡礼といきますか」

アリシアのフォログラムを見ながら出撃していくジン
イズモが事を急ぐ理由の者。
そしてカグラが「様」を付けて呼ぶ相手・・・ミカゲ

mikage







とにかく、アクエリオンの特徴はよく出ていたんじゃないでしょうか。
でっかく技名が出てきたり。
デッカイ、パーが見えた時は見ていてワクワクしましたね。
それと、前作以上の吹っ飛んだ技にも大笑いさせて貰いました。


SPでは河森監督のインタビューもあったわけですが、前回との違いを出す為に男女合体を禁止にするという流れを思い付いたと言われてましたが面白いと思いました。
それと興味深いのはインタビューの中にも出てきた、前作「アクエリオン」に出てきたキャラとよく似たキャラ。

赤毛で臭いに反応するカグラはアポロにソックリだし。
やっと3話めラストに出てきたゆうきゃんのキャラ・ミカゲはトーマにソックリだし。
眠ってるし
(トーマは人柱として眠ってるわけだし、凍ってるけどミカゲが眠っている場所は木の根っこみたいに見えるし・・・)

そして突然出てくる藤原さんが担当しているオッサン・・・
彼も風貌とかいろいろ不動GENに似てる気がするし。

それと、名前が面白いですね。
名が体を表しているドナール(怒鳴る)さんとか
敵方は古風な雰囲気の名前が多い気がするし。

とにかく、まだまだ登場人物が出揃ってませんので、今後、どんな展開になるのか非常に楽しみです。



ただ、メンバーがメンバーなだけにどっかのギルティクラウンみたいで・・・
前作、アクエリオンでてらしーがブレイクしたみたいに、別の人でも面白かったかも。
せめて、もう少しメンバーに工夫があったらとちょっと思ったり(^^ゞ
梶さん、ゆうきゃん、花澤さん、内山君
主要メンバーが揃い過ぎますね(^^ゞ





にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

↑よろしければ1クリックお願いします


 アクエリオンEVOL Vol.1 (Blu-ray)[4/25発売]

 【アクエリオンEVOL / 創聖のアクエリオン】 BOX

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アクエリオンEVOL  〜   第3話 トキメキ指数☆急上昇
アクエリオンEVOL  〜   第3話 トキメキ指数☆急上昇 ...続きを見る
動画共有アニメニュース
2012/01/17 18:21
アクエリオンEVOL 第三話 感想
地に足のつかない男 ...続きを見る
知ったかアニメ
2012/01/17 18:47
アクエリオンEVOL #03
『トキメキ指数☆急上昇』 ...続きを見る
ぐ〜たらにっき
2012/01/17 19:08
アクエリオンEVOL 第3話
「トキメキ指数☆急上昇」 ...続きを見る
あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日...
2012/01/17 19:39
アクエリオンEVOL第3話感想
#3「トキメキ指数☆急上昇」 公開模擬戦で、まさかの平身低頭覇DOGEZA!Σ( ...続きを見る
うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳
2012/01/17 19:47
アクエリオンEVOL 第3話「トキメキ指数☆急上昇」
アクエリオンEVOLの第3話を見ました。 ...続きを見る
MAGI☆の日記
2012/01/17 21:10
アクエリオンEVOL 第3話「トキメキ指数☆急上昇」
「ミコノさん 受け取って下さい!  これが 俺の気持ちです!」 聖天使学園に連れて来られたアマタ! ミコノを怒らせてしまい 何とか謝ろうとするアマタは参加した模擬戦で… ...続きを見る
WONDER TIME
2012/01/17 22:55
アクエリオンEVOL 3話
異世界でもいかがわしい本はベッドの下に隠すのね。 というわけで、 ...続きを見る
アニメ徒然草
2012/01/17 23:00
アクエリオンEVOL 第3話
地に足のつかない男。 ...続きを見る
LUNE BLOG
2012/01/17 23:55
アクエリオン EVOL 第3話 トキメキ指数☆急上昇
カグラを退けた事で取りあえずは一時の安息。 敵であるアルテア界では既に動き始め、本格的な侵攻を始めるようですが、機械天使の真の力を目覚めさせる失態を犯した神楽は外され ... ...続きを見る
ゲーム漬け
2012/01/19 21:14
アクエリオンEVOL 第03話 「トキメキ指数☆急上昇」
大門ダヨ ...続きを見る
バカとヲタクと妄想獣
2012/01/20 01:11
アクエリオンEVOL 第03話 『トキメキ指数☆急上昇』
愛の戦士アマタ・ソラ。気弱と聞いていましたが、ミコノの為なら勇気100倍アンパンマンになる男みたいです。寝ても覚めてもミコノさんミコノさんとちょっと鬱陶しいですが、一途なんだから仕方ないか。 エレメント能力は感情が高ぶると浮いちゃう能力。Hな画像やホラーでビックリすると飛んでいく。地に足がついてない奴、とか言われてますね。能力にコンプレックスを持つ男だけに、能力者だらけのネオ・ディーバ学園は居心地が良いかもしれません。 名家の無能力者ミコノ・スズシロ。同じ気弱同士でもミコノは全く逆。代々著名な... ...続きを見る
こいさんの放送中アニメの感想
2012/01/21 19:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
アクエリオンEVOL 第1〜3話 SOLILOQUY別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる