SOLILOQUY別館

アクセスカウンタ

zoom RSS BLCD 「誘惑レシピ」1と5を聞きました

<<   作成日時 : 2012/01/22 16:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

楢崎壮太:原作
「誘惑レシピ」「誘惑レシピ5」

 



【キャスト】


赤池雄矢:宮田幸季
本郷 桜:森川智之
タクロー:小野大輔
岩塚 学:羽多野 渉
植田智秋:鈴村健一
三浦敦成:安元洋貴
赤池ユリ子:根谷美智子




とある事情でチーズ専門店『マリアージュ』のオーナー代理をすることになった赤池雄矢。
仕事にも慣れてきたある日、何かと面倒をみてくれていた本郷桜に、いきなり唇を奪われてしまい…!?


とある事情でチーズ専門店「マリアージュ」で起こるラブストーリー。
植田の過去が明らかになる中、三浦のとった行動は…。
器用なようで不器用に生きてきた植田を中心に交差する。







相変わらず、原作未読です(^^ゞ
せめて同人誌読んでみようと再録を注文・・・したつもりだったんですが・・・・
ミスったか?( ̄〜 ̄;) ウーン
しかし、今コミコミさん見たら売り切れになっちゃってるんですよねー!
読みたいなー!ジタバタ (((o(><;)(;><)o))) ジタバタ

そんな状態で、CD2〜4までは聞いてます。
ただ、調べたら2だけしか書いてない?
おっかしいなー。書いたと思ったんだけどな〜orz

とりあえず2の感想はコチラ



1はまず、突然倒れて入院してしまった母の代わりに、母の店であるチーズ専門店「マリアージュ」に雄矢が働く事になってから。

最初は、あまりの幼い容姿にみんな未成年だと思っていたのに、実は21歳だと知って従業員全員がビックリ☆
その中でも、店一番の強面というかみんなのまとめ役になってる本郷が一番反対していたのに、突然、雄矢にキスしてきて「本気だ」と言ってきて・・・
そんな本郷を意識していくうちに雄矢の方も本郷の優しさに惹かれていって


こんな展開で。
ラストにはジワジワと好きになりかけていた雄矢が本郷を受け入れてハッピーエンド。

母親のユリ子が退院後も2号店を展開すると飛びまわる事に決定したため、引き続き雄矢がオーナー代理をする事にしたので全ての問題もクリアー。


また元カレが店に乗り込んできた修羅場を見られてしまった岩塚。
唯一、現場を見られたタクローがそれまでと変わらない接し方なのに意識し始めて。
見ていくうちにますます好きになってしまった岩塚はとうとう告白をしてくる。

「絶対、おまえとは付き合えない!」

そう、言ってハッキリ断ってきたタクローだったのに・・・
根が空気を読めるヤツというか、人の気持ちを理解する方面に能力があり過ぎたというか(笑)
接客には武器になる力も恋愛となると仇となってしまって・・・

彼女からはフラれるし。
フリーになった事で岩塚からは真剣モードで「絶対諦めない」と宣言されちゃうし。

元カノが店にやってきて、復縁を求めるアプローチした事で、岩塚は一旦諦めかけるが、逆にタクローの方が岩塚を意識しちゃって、「このままじゃ彼女に悪い」と断った事からまずは身体から関係が始まる


そんな2カップルを冷静な目で見つめている植田


そんな感じなのが1。


3,4では
本郷と雄矢のトコは相変わらずラブラブ
タクローと岩塚のトコは定休日前に岩塚の家に行って夕飯作って貰って・・・の仲までいきながら、ここは進展が見られず

新たに植田を好きだ!と言い寄る近所の高級レストランのオーナー・三浦が参戦してきて、三つ巴な恋愛模様といった内容でした。




そして・・・やっと5(笑)

こちらは、3組のその後。

今回の鍵?は北海道に出す2号店
こちらの準備が整い、店に戻ってきたユリ子。
でも、店が軌道に乗るまではユリ子1人では店が回らない。

では、誰が行くか?
いや、まず誰がオーナーになるのか?で一騒動。

これは、ユリ子が帰ってきた段階で自分が行くというからみんな一安心。
最初は本郷が行くのか?と大騒ぎになるが、ユリ子と本郷が両方いなくなると1号店が回らなくなる。
・・という事で、本郷と雄矢カップルは万々歳。
となると、タクローか?植田か?

結局は、植田が立候補する。
ショックなのは三浦。

でも、一般庶民の自分と三浦では釣り合わない(トシの差も10歳くらい離れてるし)と考えていて。
女性としか付き合っていなかった三浦が何をトチ狂ってるんだとずっと思ってた。
そうじゃない!真剣なんだ!と訴え、どうにか信用して貰おうと一生懸命な三浦。
でも、植田の心がそんな風だから何をしてもイイ雰囲気にならない

でも、三浦の立場も年齢も全て関係なく必死にぶつかってくる三浦の気持ちと、大人な包容力にとうとうラストではみんなに「俺の彼氏♪」と紹介するまでに(^^)

必ずこっちに戻ってこいよ!と約束し合ってこちらもなんかイイ雰囲気に(^_-)-☆



問題があるとすればタクローと岩塚のCP

なんか後退してませんか?
傍から見ればどう見てもお互いに好きって感じなのに・・・
タクローがどうしても相手が男で、自分が受けという立場を受け入れきれていない。
さすがにそんなタクローにだんだん岩塚も・・・なのか?


タクロー達のトコが一番気になってるというか気に入ってる私としては一番好きな私としてはヤキモキなまま終わってしまって

どうなっちまうんだよっ!な感じ。




三浦役の安元さんが途中からの参戦となったこのシリーズですが、
ほぼキャストがこのメンバーのままなので、とても安心して聞いていられるシリーズとなりました。
それ以上に、1が発売されたのが2007年の9月。

4年以上続いている作品のせいか、今じゃBLCDから離れかかってる方も出てきてるわけで。

特に小野D宮田さん

宮田さんはそろそろ世代交代で・・なのかな?
Dは完全にアニメに取られてしまった感じですよね。
しかたないのかな?と思いつつ寂しいというか、ますますBLCD大丈夫か?な感じ。

このお2人の声が聞けるのも嬉しい1枚になってます。
特にタクローが小野Dにとっても合ってるキャラだと思うのでね〜個人的に。
この作品は深刻になり過ぎない展開なのも気楽に聞ける理由の1つなんですよね。

水上さんの「豪華客船シリーズ」同様、シリーズモノでしかBLCDに出なくなってしまった方の声を聞けないので、こういうシリーズモノは是非続いて欲しいものです。





しかし、本当に最近のBLCDって大丈夫なのかな?(ポツリ)





にほんブログ村 アニメブログ 声優へ にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ にほんブログ村 アニメブログ ドラマCDへ

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
BLCD 「誘惑レシピ」1と5を聞きました SOLILOQUY別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる