SOLILOQUY別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 愁堂れな新刊「罪な片恋」

<<   作成日時 : 2012/02/04 18:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

愁堂れな:原作 陸裕千景子:絵
「【コミコミ特典イラストカード付★】罪な片恋」 B’
幻冬舎





警視庁警視・高梨良平と、官舎で同棲中の田宮五郎。
多忙ながらも仲睦まじい二人だが、会社の後輩・富岡の一方的な猛アプローチに加え、アメリカ人スタッフのアランにも接近され、田宮は疲弊気味。
人目をはばからないアランのラブコールの狙いは!?
一方、IT社長の誘拐殺人事件を追う高梨に、県警の刑事課長・海堂は何かと敵対してくるが――。





今回、一番の被害者はだ〜れ?(爆)


そう問いたくなる内容でした。




いつまでもラブラブな2人・良平とゴロちゃん。
だが、やはり2人の間には事件の壁が立ちはだかってなかなかゆっくり一緒の時間は過ごせない。


そしてそんな双方共にものすごいインパクト大なキャラクターが登場してくる。



良平には県警の係長・海堂が。
IT企業の社長誘拐殺人事件により共に事件解決の為に組む事となったのだ。
だが、あくまで所轄は補佐扱いな県警。
その中でも何故か海堂は良平に一々イチャモンを付けてくる。


一方、ゴロちゃんの方は・・・
トミーは相変わらずのアプローチぶりなのだが、同等かそれ以上の人間が海を越えてやってきた!(爆)

逆留学生・アランがゴロちゃんの下に配属されたのだ!

トミーとアランに口説かれまくる毎日
いつの間にか男3人の三角関係の図式まで出来上がってしまって・・・




良平の方は、的確な判断と徐々に犯人を追いつめていくだけの確証等を。
そして何より、上司と仲間に恵まれ、のびのびと操作をしている。
それに対しての嫉妬故の海堂の嫌み攻撃だった。

良平の全てに惚れた!

事件解決後、告白された良平。
相手は見た目を裏切る?肉食系で体型も柔道の階級も上。
しかも、ミトモや井上の告白とは全く異質の真剣過ぎる告白ーーー




一方、2人の男から言い寄られどうしていいかわからない状態だったゴロちゃん。
ところが、実はアランの目的は

トミーだった! Σ( ̄ロ ̄lll) ガーン

なんと!言い寄る一方だったトミーが言い寄られる?
しかも、アランの父親ってのがかなりの権力者な為、トミーの為なら!という名目でやる事成す事全てがグローバル(笑)

そして長身のトミー以上の上背。そして力もある・・・




偶然にも、違う場所で良平とトミーがほぼ同時に本命以外の男から告白を受け。
しかも、本人よりも大きくて力もあって、思いはかなり本気な上に断っても全く諦める気配なし!(爆)

要するに、どちらもバックバージン危うし・・・というわけですね〜(^^ゞ


良平に関しては、知らぬがなんとやらなのはゴロちゃんだけ!



良平は所轄と県警なので、毎日顔を合わすという事はないでしょうが、トミーはマジに危うし!
トイレも恐くて1人じゃいけないってどんなにスゴイのよー(≧m≦)ぷっ!


しかし、良平もこれで3人めですか・・・モテモテでんな〜(エセ関西弁/笑)

今までは、モテるのは受けが圧倒的に多い気がするBL作品ですが、
ここまで長寿作品になると攻めも同性からモテモテ過ぎます!(爆)


トミーもですけど(でも、アランはこのまま日本に居続けるの?留学ならいつかは帰るんじゃないのかな?)、良平は変に諦めない海堂の存在はもはや笑えるというか。
どう、退けるのかお手並み拝見という気持ちというか・・・(^^ゞ
でも、嫁さんがいるって言ってるのに、「永遠の恋は信じてません!」って・・・
これって本当にポジティブシンキングって言えるんですかね?


同じような肉食獣にロックオンされてしまった良平とトミーの漫画が大笑いでした!



事件はいつもながら面白かったですが、
内容以上にこの2人の恋模様?(違うだろ/爆)の方が記憶に残ってしまいました。
ま、誰も怪我したり痛い思いをしなくてよかったよかった・・・









次からは「たくらみシリーズ」が復刊されるんですね!




一瞬、申し込みそうになりましたが、気付いて取り消しました(笑)
このシリーズは好きで、以前の出版社さんのバージョンで全巻持っていたので。

真珠ゴツゴツ?(爆)がキーワードですよね!(≧m≦)ぷっ!
きっと、愁堂先生の事だから、書き下ろしがあるんでしょうが、これは手を出さずに皆様の感想待ちにしようと思いますわ(^^ゞ





にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ ←よろしければ1クリックお願いします 励みになります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
愁堂れな新刊「罪な片恋」 SOLILOQUY別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる