SOLILOQUY別館

アクセスカウンタ

zoom RSS BLコミックス 「雫 花びら 林檎の香り(3)」

<<   作成日時 : 2012/05/18 11:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

川唯東子:原作
「雫 花びら 林檎の香り(3)」 
リブレ出版





ポジティブ榛名にライバル登場で絶体絶命!?

何度フラレても大好きな中川にアタックし続けた榛名は遂に恋人に昇格。
そんな中、色々な泣き笑いのドラマがあったけど、取り敢えず今は両想い中。
ところが今度は榛名の営業の仕事に強敵が現れて、さすがの榛名も絶体絶命…!?
感動のラスト&ショート描き下ろし付きで遂に完結!!




とうとう、完結巻☆

終わっちゃうのかー!本当に残念っ!というのが率直な感想です!



それにしても、第1巻の頃の2人が懐かしいというか・・・
3巻読むと、「別作品?!」と言いたくなるほどの甘甘っぷり。

いや、もうこれ、絶対に別作品でしょ!(≧m≦)ぷっ!



今回、榛名のライバルは2人。

1人はいとこの莉央ちゃん。
秋が3歳の頃からずっと初恋の相手と言って、未だに果敢にチャレンジしてくる子。
その猪突猛進的なアプローチは、かつての自分を思わせる子。

同棲同士だと「自分が恋人」とはどうしても言えなかった榛名
それでも、やっぱり過剰な接触は嫌なわけで。


でも、そんな気持ちを吹き飛ばしてくれたのはやっぱり恋人・秋なわけで。

愛されてると目一杯教えて貰った翌日は同じ相手にも優しく出来ちゃうわけで。
そうしたら、今度は莉央ちゃん、榛名が気になりだしちゃったみたいで・・・


今度はムキになって榛名を家から追い出そうとする秋の嫉妬っぷりが可愛かったです(〃∇〃) てれっ☆
攻め様の嫉妬が何よりの大好物だから〜♪(腐腐腐)



そして次のもう1人のライバルは 松本酒店の新しい当主、松本さん。
今度、店で扱うだけでなくネット販売を考えていると。

知識はあっても下戸な自分と、酒も飲めて知識も豊富な松本さんじゃ・・・

秋の優しい申し出も断って、自力で藤乃倉さんという新規を獲得したいけど、そこは松本さんも狙っていて。
しかも、付き合いも長いというし。行けば行くで、蔵元と酒の話で盛り上がってる姿を見ると自分との大きな差を思い知って。


結局、ダメだった榛名
秋の慰めも辛くて八つ当たりしちゃって・・・


そんな榛名に中埜酒造という蔵元を教える秋
行ってみたら・・・なんと!杜氏がアメリカ人!Σ( ̄ロ ̄lll)


もともと、帰国子女の榛名はその杜氏と話が盛り上がって。
その後もトントン拍子に。

外国向け部門が作られる事になり、その規格のチームリーダーに榛名が選ばれる事に。
でも、その事で若竹から離れる事になってしまった
榛名をとっても可愛がっていたじいちゃんはスネてしまったけど


その後、再び返事を貰いに来た松本。
あくまでも自分のトコは酒の味がわかる顧客ばかりに対して、榛名の会社は一見さんばかりと主張するが・・・

「呑んで貰ってなんぼな日本酒」

通にばかりで、若い者から日本酒を遠ざけたのは松本みたいな人間がいるから。
榛名のおかげで、今まで日本酒を遠ざけていた若い人がわざわざ買いに来る現実をちゃんと見ていたじいちゃんは松本の話を固辞します。


その後、なかなか秋の家では2人っきりになれないと不満な恋人の為に榛名の提案した引っ越し話を受け入れる秋。
お話はその引っ越し当日までが書かれていました。




この作品、どー読んでも主役はじいちゃんだよね?
違う?
私だけ?(笑)

顔は頑固一徹みたいなのに、マジにラブリー過ぎるでしょ!!
受け入れてくれるまではアレだけど、一度懐に入れちゃった人にはメチャ優し過ぎるっ!
それに、どれだけちゃんと榛名の仕事をきちんと見ていてくれたかもよくわかる内容になってて。
一度は松本さんと古酒で盛り上がりながらも、結局、榛名の働きぶりを評価してくれた事に読んでて涙が出ますね。


しかし、上記しましたけど
本当に3巻は何者の集合体?な内容だった雫〜。
特に秋の変わりっぷりが半端無いというか・・(ってか、私が秋をどー見てたんだって話ですか?/爆)

榛名のスタンスって大きく変わっていなかったと思うんですけど、
やはり、この祖父にしてこの孫あり!なんですかね?

一度、懐に入れちゃうともう、メチャクチャ大事にする派というか。
以前の冷たいように見える言動が嘘のよう。
もう、最初から最後まで榛名を理解して甘やかしてる態度以上に柔らかくなった表情にキューン♪としちゃいます。




これはもう、最後までCD化しちゃったらどうですかね?
モリモリの声で甘やかしてるボイス聞いたら私は蕩ける気がする(≧m≦)ぷっ!


そして、毎回思うんですが、
川唯さんの描かれる攻め様がどーにも素敵すぐる!
色気バンバン!!
見ているだけでポォ〜となっちゃいます(〃∇〃) てれっ☆
目が素敵なのかな?
いや、キスする時のちょっと開いた口元とかが、それだけでこっちがヤラれる。

この3巻も堪能させて頂きました。


いや〜ホント、終わっちゃうのが寂しい(´;ω;`) 





にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
BLコミックス 「雫 花びら 林檎の香り(3)」 SOLILOQUY別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる