SOLILOQUY別館

アクセスカウンタ

zoom RSS Fate/Zero 2ndシーズン 第24話「最後の令呪」

<<   作成日時 : 2012/06/23 16:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

Fate/Zero 2ndシーズン 第24話「最後の令呪」


「これが衛宮切嗣の解答だ」


先週、骨折してしまって書けなかったので、一周遅れですが。


因縁の2組の最終決戦
聖杯は誰の手に



公式HPより


バーカーサーの正体、そして己に向けられる憎しみを知ったセイバーは絶望に打ちひしがれる。
戦意を喪失し、怨念に濡れた漆黒の剣を、ただ受け止めることしかできない。
一方、綺礼と切嗣はついに正面から対峙する。
たがいに一歩も譲らず、苛烈に生死を競いあう。




今回は本当に途中までマトリックス状態で(^^ゞ
それと、なんかやや切嗣と綺礼の顔が幼稚気味に見えたのがちょっとだけ気になりました(^^ゞ
その他の作画も感嘆する部分あり、「あれ?」っと思う部分あり。
でも、話の内容が勢いがある場面だったので終われば全てよし?(笑)



対峙する切嗣と綺礼
クロスに口付ける綺礼が妖しくも色っぽい(〃∇〃) てれっ☆


一方、バーサーカーの正体が、かつての友・ランスロットだと知ったセイバーはすっかり戦意を喪失し、ただ彼の剣を受けるのみとなっていた。

「そんなにも貴方は私が憎かったのか・・・」



起源弾をぶっ放した切嗣
しかし、魔力で短剣を強化していた綺礼はアッサリとかわす
間合いに入られてしまった切嗣は固有時制御で必死に攻撃をかわしていく。

「ダブル・アクセルっ!」

w-accel

起源弾が効かない事に一度は驚いた切嗣だったが、すぐに綺礼が令呪を魔力源にしている事に気付く。

令呪しか魔力を行使する術を持たない綺礼に起源弾は効かない

「だが、命中すれば屠るだけの威力はある」

一方、綺礼もまた切嗣が倍速で動けるとわかったならそれに合わさればイイと落ち着いたもの。
どう戦えばいいと理解したうえで互角の2人。


「早いっ」

八極拳の使い手であるの動きは想像以上に早い
拳が切嗣の胸を直撃。めり込む
そのまま壁までふっ飛ばされる



「貴方をそこまで狂わせたのも私のせいなのか?」

怨念のこもった一撃を受け止めるばかりのセイバー

「私の・・私の・・・」


そして綺礼に殺され横たわっているアイリにも変化が訪れる
人の形が消え、聖杯の形へと変わってしまうアイリ


綺礼の一撃を受け、その場に倒れる切嗣
それを見て背を向けた綺礼の隙を突き起源弾を連射する
しかし、当然、それは弾かれる
再び、固有時制御で倍速となった切嗣は、込めた起源弾を令呪が消える前の綺礼の右手に命中させる。


先ほどの一撃はアヴァロンによって再生されたものの双方共に満身創痍
互いに、残る武器を復唱し作戦を練る

先に仕掛けたのは切嗣。
綺礼は動かない右手で受け止める
聖杯に滾々と湧き上がってくる液体
そしてそれは聖杯から流れ出しーーー



銃ではなく短剣で戦いだした切嗣
しかし、綺礼は左手1本で全てかわし反対に切嗣の足を払う。
倒れる寸前、トリプルアクセルを使用する切嗣
間合いを取り、再び銃口を綺礼に向ける。
一方、綺礼も投擲剣を投げ、間合いを縮めてくる。

しかし、聖杯が突然光り始める
聖杯から流れ出した液体が天井を突き破り2人へと降り注ぐ。



命尽きる雁夜
セイバーの剣がバーサーカーを貫いたのだ

saber4

「それでも私は聖杯を取る」

そうでなければ何一つ償えないと
それを聞いたランスロットは息絶える直前

「この期に及んで そんな理由で剣を取るのですか  困ったお方だ」

決着が付き、その場に立ち尽くすセイバー



切嗣が目を開けると。
そこはかつて父と住んでいたシャーレイの住んでいた島の浜辺。

「きっと来てくれると思ってた」

そこに現れたのは・・・アイリ?

「あなたならここに辿りつけると信じてた
ここは、あなたの願いが叶う場所」


聖杯の内側と言うアイリの言葉通り、頭上には黒い物体が
形は成していないが、器は十分に満たされている。あとは願いを告げるだけ
願いによってやっと形を得ると言うアイリ

「おまえは誰だ?」

聖杯の準備が出来ているという事はもうアイリは人の形を成していない筈

「仮面である事は否定しないわ」

でも、間違いなくアイリの人格は記録として残され、自分がアイリの最後の願望を引き継いでいると話す。
だから、自分には意思も願望もあると。

「この世に生れ出たいという意思が」


「ならば問おう。
僕の願望を聖杯はどうやって叶えるつもりだ?」

「それは切嗣、あなたが誰よりもよく理解出来ている筈じゃない?」

今まで切嗣が成してきた事を受け継いで遂げるだけ
訳がわからないという表情の切嗣に、今度はあなたの内側に問いかけて貰うしかない。
そう言って微笑む


そして再び気付くと、今度は潜伏してきたホテル
すると、突然テレビが付き自分の声が自分に問いかける

切嗣を含めた501名が最後の生き残りとして
片方には300名。もう片方には200名
どっちか片方しか切嗣は修理は出来ない。
だとしたらどちらの船を選ぶか?

当然、切嗣の出した答えは300名の方。

質問は続く
もし、200名の乗客がこっちを先に直せと言ってきたら?
その答えは部屋の外で展開されていった
200名の惨殺

「正解。それこそ衛宮切嗣だ」

まだ質問は続く
今度は生き残った300名。200人と100人・・・どっちを救うか?
当然、200人を選択。
だが、答えを躊躇しているといつの間にか立っているのは駐車場。
背後で大爆発する100人の乗った船

「そんな馬鹿な!」

これでは生き残ったのは200人。死んだのは300人。
死んだ人間の数の方が多くなってしまう。
しかし、自分に問いかける自分は言う。
今まで天秤に傾かなかった者を殺し続けてきただろう?と。
どれだけの屍の山を築こうと、守られた命があった事こそ尊いと

「これが衛宮切嗣の解答だ」

これが切嗣の真理であり、願望器が遂げようとしている事だと語る内なる切嗣。
だが、切嗣が真に望んでいたものは・・・
しかし、切嗣が知らない方法を願望器に含ませられないと。

奇跡に頼りたかった切嗣と、奇跡など最初から無いと言っているようなものの内なる切嗣。

「奇跡だと?かつて君が志し、ついには個人では成しえなかった行いを、決して人では及ばぬ規模で完遂する。
これが奇跡でなくて何なんだ?」


気配を感じて振り向くとそこには父が。
そして父を殺したのはナタリア

「衛宮切嗣、君こそがアンリ・マユ。この世の全ての悪を担うに相応しい」


あれだけの思いをして手にした聖杯が・・・
愕然とする切嗣に最後の質問がなされる。

最後に選ぶのは舞弥か?アイリとイリヤか?



「おかえりなさい!切嗣」

舞弥を殺すと、イリヤがそう声をかけてきた
愛娘が自分に抱きつく

「これが聖杯の成就」

聖杯に妻を蘇らせ、娘を取り戻せと願えば幸せが。
そう、ニッコリと微笑むアイリ


「父さんも、イリヤが大好きだ」

そう言って娘を抱きしめ

kiritsugu6

「さよなら、イリヤ」

銃で娘を撃ち殺す
最後まで、多数を救う為に少数を切り捨てる信条を捨てなかった。
その為に家族を。

ショックでパニック状態になったアイリは、切嗣に呪いの言葉を吐く。

Iri4

「死ぬまで苦しめ」



ガチャリという銃を構える音
どうして聖杯を拒んだのか問う綺礼
どうして今になって無に出来るのか?と。

「あれは万能の願望器などではない!」

要らないのなら譲れ!
そう叫んだ綺礼だったが、切嗣に射殺される



聖杯の前に出たセイバー
そこに待っていたのはアーチャー

「そこをどけ!聖杯は私のモノだ!!」

だが、そんな彼女にアーチャーは容赦なくゲート・オブ・バビロンで攻撃してくる。
だが、ここでアーチャーはビックリ発言を

「剣を捨て、我が妻となれ」

全てを捨て、自分色に染まれと
快と悦を賜そうと言うアーチャーに怒りが込み上がるセイバー
しかし、逆に傷を負わされる

そんなやり取りをしていると切嗣が現れる

「令呪をもって命じる。宝具にて聖杯を破壊せよ」

セイバーの意思を無視してエクスカリバーが

「おのれ!我が婚儀を邪魔立てするかっ!」

しかし、切嗣は続ける。聖杯を破壊せよと。


「ヤメロぉぉぉぉー!」




雁夜おじさん、一瞬過ぎる Σ( ̄ロ ̄lll)

なんと!
聖杯に奇跡が無いとは(>_<)
しかも、切嗣の経験したままに実行していく?

それは好き好んでやってきたわけではなかったのに

そして、アイリの絶望はわかるけど切嗣の目から涙が溢れ出るのは見えなかったんでしょうか?
苦渋の選択なのだと

それとも、あれが本物のアイリであったなら少しは理解を示したんでしょうか?

そして何も知らず聖杯の破壊を命じられたセイバー
ずっと守ってきたアイリの為。先ほど貫いた友の為
強制的に聖杯を破壊させられた後、どうなってしまうのか?

それにしてもツライ現実と決断
重いっ(>_<)

そんな中、唯一の救い?はアーチャーのプロポーズでした(^^ゞ

そしていよいよ次回、最終回




にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

↑よろしければ1クリックお願いします


 [予約商品]Fate/Zero 手ぬぐい バーサーカー陣営

 【2012年08月発売予定】ブロッコリー iPhone用メールブロック Fate/Zero セイバー



Fate/Zero クッションストラップ アーチャー&綺礼
ブロッコリー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Fate/Zero クッションストラップ アーチャー&綺礼 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

コウブツヤ Fate/Zero クリスタルドームストラップ 第2弾 言峰綺礼
まさめや

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コウブツヤ Fate/Zero クリスタルドームストラップ 第2弾 言峰綺礼 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Fate/Zero 第24話 『最後の令呪』 聖杯使えねぇ。
奇跡も魔法も無かったよ。遂に聖杯に辿り着いた切嗣に聖杯そのものと化したアイリが語りかける。お前の願望を叶えると。よっしゃ、これで全人類を救うことが出来ると安堵する切嗣。じゃあ全人類の少ない方を延々切り捨てて行くね。ちょっと待て、何じゃそりゃ。 衛宮切嗣の正義は常に多数を救うために、少数を犠牲にすることで成り立ってきた。たとえ少数に自分の親しい者が居ようと例外はない。だから父を殺し、ナタリアも死なせてここまでやってきた。それが切嗣の正義の限界。なので、全員を救う奇跡に頼ったわけです。聖杯があれば無... ...続きを見る
こいさんの放送中アニメの感想
2012/06/23 20:02
Fate/Zero TokyoMX(6/16)#24
第24話 最後の令呪 公式サイトからバーカーサーの正体、そして己に向けられる憎しみを知ったセイバーは絶望に打ちひしがれる。 戦意を喪失し、怨念に濡れた漆黒の剣を、ただ受け止めることしかできない。 一方、綺礼と切嗣はついに正面から対峙する。たがいに一歩も譲らず、苛烈に生死を競いあう。 市民会館で言峰綺礼と対峙する衛宮切嗣。バーサーカー、ランスロットと対決するセイバー。友の反乱により戦意を喪失していた。 言峰綺礼は令呪を使い、自身の魔術回路は 使っていないので起源弾は効かない。ダブルアクセルで綺麗の... ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2012/06/23 21:57
Fate/Zero 第24話「最後の令呪」
『バーカーサーの正体、そして己に向けられる憎しみを知ったセイバーは絶望に打ちひしがれる。戦意を喪失し、怨念に濡れた漆黒の剣を、ただ受け止めることしかできない。一方、綺礼と切嗣はついに正面から対峙... ...続きを見る
Spare Time
2012/06/23 22:06
Fate/Zero 2ndシーズン 第24話「最後の令呪」
Fate/Zero(6)煉獄の炎 (星海社文庫)(2011/06/10)虚淵 玄商品詳細を見る  最後のバトルだけあって、目を惹くものでした。セイバーVSバーサーカーは、思ったよりもあっけなく終わりました。バーサーカー... ...続きを見る
破滅の闇日記
2012/06/24 07:41
2012年02クール 新作アニメ Fate/Zero 2 第24話 雑感
[Fate/Zero] ブログ村キーワード ...続きを見る
妖精帝國 臣民コンソーシアム
2012/06/24 10:52
◎Fate/Zero第二十四話「最後の令呪」
→キリツグとキレイが戦いになる。⇔セイバとバーサーカの戦い。セイバ:そんなにも私が憎かったのか?⇒→キリツグのじゅうがいかない。キリ;レイジを魔力としていれば効かない。... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2012/10/14 22:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
Fate/Zero 2ndシーズン 第24話「最後の令呪」 SOLILOQUY別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる