SOLILOQUY別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 考察は書かないよ(笑)

<<   作成日時 : 2013/01/07 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は、放送を待たずにとにかくUPしちゃった「八犬伝」
もう、皆様の感想を楽しみに待っていようと思ったんですが、「考察を書く手があるよ!」と言われ(爆)

でも、昨日の記事に書いたように、私は全読破しているわけではないので、本当の考察はずっと原作を追いかけている方にお願いしようと思います。
なので、私は昨日の記事ではほとんどあらすじばかりで感想がちょっとになってしまったので、昨夜、リアタイ視聴中〜見終わった後にネッ友様方が呟いてらした事も含めて、自分が感じた事をちょっとだけ触れてみようかと思います。



あくまで私の勝手な独り言です。
その辺、ご理解の上お読みください。
第1話を見て大満足の方は回れ右して下さいね。








現在、12巻まで出ていたんでしたか?



2013/01/01発売


なので、原作ストックはある方だと思うのですが、まず、この作品をどこまでアニメ化するつもりなのか?

なぜ、そこからまず触れたかと言うと。

◎ 1話に詰め込み過ぎ!

展開が早すぎる。
詰め込み過ぎる。

言い方はいろいろでしたが、そうでなくてもこの作品の世界観はちょっと小難しい上に場面展開の切り替わりが飛ぶ部分があるので、同じようにアニメも展開されてしまうと原作未読の方にはちとキツイと思われるんですよね。

少なくても私は今まで読んできた部分は一度じゃわからず二度三度読み直した記憶が。

第1話部分は私は読んでいなかったので、読んだ方のところを読んでみましたら、どうやらほぼ原作通りだったみたいですね。
そして、妖怪や大塚村の出来事。さらにはこれから2人を取り巻く教会側の獣憑きの四家とか、あっち側推しで展開していったのは1つの見せ方として私はアリだと思うんですが、

『何やらアッチ側が絡んだお話だな!』

これは確実に見た方は掴まれた事と思いますが、この作品はずっとこういう緊張したシーンばかりでなく、信乃を中心としてのんびりのほほんとしたシーンというのもあって、それが合間に入るからこその魅力が私にはあると思えるのですよ。

私はてっきり帝都に出てくるまでに1.5話〜2話使ってくるんじゃないかと思っていたので、第1話がとにかく怒涛の如くでハッキリしない情報てんこ盛りだったな・・・という印象を持ったのです。

ただ、上記したように私はこの部分を読んでいなかったので、自信を持って「展開早すぎない?」と書けなくて(^^ゞ


そうしたら、リアタイ視聴しながらツイタで皆様の呟きを追いかけていましたら↑に書いたような意見多々で。
それとやはり場面のぶつ切り感を気にされてる方が多くて。

この辺は、カットしている場面があるのなら思い切ってアニメ風の味付けで流れがもっとわかりやすい作り方に作り変えてもよかったんじゃなかろうかと思ってしまいましたわ。



◎ 声優さんって大事!

レビューにも書きましたが、私はまだCD版を聞いていません。
(誰か聞かせてー!/笑)
なので、割にすんなり聞いてしまいました。

ただ!

それでも、感想部分には「若干ビミョーかな?」と書きました。

CD版の朴さんがどんな感じだったのか?今のところ私にはわかりませんが、それでも想像はつきます。

これ、どうしてキャスト変更だとしても女性声優さんにしなかったんでしょうね?
信乃の実年齢が18歳だから?
でも、5年前の姿から時を止めてると本編でも言われてましたが、中身は18歳でも身体は13歳のまま。
男の子のお子さんをお持ちの方ならわかるかと思いますが、13歳って声変わりをするかしないかの年齢なわけですよ。
だったら、こんな可愛い顔立ちな上に背も低めなんですから「女性声優さんでよかったんじゃね?」と私は思ったんです。

カッキーがダメという意味ではなく、さすがに高音のカッキーでも、13歳の男の子の声には青年過ぎるな!と。
私なんか、いくら聞いても信乃キャラボイスがナツ@フェアリーテイルに聞こえてしかたなかったんですよ!
これが、信乃の身体が実年齢どおりだったらバッチリだったと思うんですけど。


実は、年末だったか?年始だったか?
ちょうどツイタでS谷先生が、子供時代の声をどうするか?という呟きをなさっていて。
男性声優さんで違和感無くお願い出来るのは「代永さんくらい」と仰ってて。
それ以外の方だと、やっぱり女性にお願いした方が違和感が無いのと、今の時代と区別が付きやすい?みたいな事を仰ってたのを読んで、私も「女性声優さんの方が安心して聞いていられますね」と返したところだったんです。

もちろん、信乃の場合は変化をつける必要はありません。
でも、BLCDにおいて子供時代を予算の関係なのか?同じ声優さんが高めに声を作って演じてらっしゃるのを聞いた後、フリトを聞くと大概皆さん「大変だった」「恥ずかしい」等々の声が多くて。
だから、大体のドラマCDって子供の声や少年時代の声は男の子の声が出来る女性声優さんを起用されるパターンが多かったんです。

朴さんがBLのお仕事を今までに引き受けられていたかはちょっとわかりません。
でも、もしそのカテゴリー的にダメだったとしても、

斎賀さん
皆川さん
堀江由衣さん

パッと浮かんだだけでも3人いらっしゃるし。
皆川さんなんかは以前「LOVELESS」立夏役をやったりなさってるし。
よかったんじゃないかな〜?( ̄~ ̄;) ウーン

今回は、信乃より荘介の方が喋る機会が多かったですが、これからはそうはいかなくなります。
多分、聞いているうちに慣れてくる!とは思いますが、今後の展開上、やはりカッキーの演技力にかかってくるところが大きくなってくると思うので、頑張れ!カッキー!!


それと、18歳という事で荘介もモリモリから日野さんに交代となったのかもしれません。
それにしても、あべ作品においてモリモリって出演率100%なんだそうで(笑)
まぁ、彼も最近は十代の声はちと辛くなってきたかな?と思えなくもないんですが、日野さんは今まで従者的なキャラをしていないからか?
それとも単に声質なのか?
どうも、私の中で日野ボイス=従者ボイスとならない(ごめんなさーい!)

若いけど、荘介の生い立ちが生い立ちで、しかもあんな形ででも生き伸びて信乃の傍にいる彼は立派な従者なわけですよ。
なんかね・・・個人的な事言わせて貰うとちょっとね・・・なんか違うみたいな?(^^ゞ

私の周辺だけの意見ですから、皆様や周りの方々のご意見はまたちょっと違うかもしれませんが、やはり圧倒的にCD組の圧勝で。
唯一よかったという声が上がっていたのはノブ君の村雨だけでした(笑)


絵は確かにとっても綺麗で。
薄桜鬼スタッフでスタジオディーン制作ですから、見る前から安心してました。
ただ、一瞬で決着がついてしまったからかもしれませんが、戦う場面等の動きがイマイチ?この辺はこれからますます戦いのシーンが増えていきますから、もう少し動きのある映像になっている事を祈るばかりです。
でも、それだけじゃない!

今まで成功した作品はそれプラス、キャラに命を与える役であるキャスト陣の力というのが必要不可欠!

これなくしてアニメではないわけです。


まぁ、既に決定されたキャスティングにケチをつけても変更される事はないので、こっちの耳をアニメ用に慣らしていかねばならないわけですが、
それでも放送以前にドラマCDが発売されている人気作の宿命。
どうしたって比較されます。

中村春菊作品や、ラブレスのように変更が無かった幸運な作品は別として、
今回の八犬伝のようにキャスト一新というのは珍しくない話。
その中で、CD以上にアニメの方がよかった!というモノも少なくありません。

是非とも、この「八犬伝」もそうなるように。
「第1話では否定的な事書いちゃったけど、アニメ版よかったよね!」という声が上がるよう、キャストの皆様宜しくお願いしますm(__)m
(上からの物言い本当にすみません!)




第1話を見た限りではこんなところですかね?
さて、第2話で新たに加わる小文吾と現八
特に小文吾は初めて見た時から中井さんとかいいなぁ〜と思っていたら、見事にCD版では中井さんだったみたいで。
そこからバトンタッチされたてらしーがどんな声作りで臨むのか?

その辺も楽しみに見てみたいと思います。





にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ にほんブログ村 アニメブログ ドラマCDへ

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります



 八犬伝−東方八犬異聞−1(初回限定版)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
考察は書かないよ(笑) SOLILOQUY別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる