SOLILOQUY別館

アクセスカウンタ

zoom RSS つれづれに・・・(納谷さんを偲んで&劇場版禁書目録)

<<   作成日時 : 2013/03/13 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週からちょっと私用で忙しくしている私なんですが、
今週も引き続きちょっといろいろありまして。
そんなこんなで夜になってやっとゆっくりパソコンの前に座った私の目にまず飛び込んできたのが納谷悟朗さんの死でした。


やはりこの方といえば銭形のとっつぁんと沖田艦長でしょう。
本当にこの方は私の青春時代のアニメの中で切っても切れない存在感のあるお声の方でした。







また、チャールトン・ヘストン、クラーク・ゲーブル、フランク・シナトラ他ちょっと渋めの俳優さんの声を担当していた事もあって何かでは必ず声を聞いてらっしゃる方多々と思います。



ちょっとこんな動画も見つけてみたので貼り付けてみますね。


そして今朝の朝日新聞「天声人語」にも取り上げられておりました。

130313_232018

既に亡くなった野沢さんと納谷さんについて触れられていて、

マイクの位置からして役に合わせて拘ったという野沢さんのエピソード。
そして声優以前に「役者」である事に拘ってらした納谷さん。
それ故、声のお仕事をしていても、「声のお芝居が出来る」という意味で洋画よりもアニメがお好みだったそうで。


そんな記事の中、私が特に印象的だったのが

「舞台をきちっとやるべきですよ・・・声優さんも」

今や、仕事の種類も声優さんの人数もきっと比べ物にならない程大量生産。
その中でも一握りの超売れっ子声優さん方からすれば、「やりたくてもやる時間が取れない」と仰るかもしれない。
でも、数じゃなく四半世紀以上経っても老若男女誰の心にも名前と声と存在感が残っている声優さんってやはり大御所クラスにならないと・・・と私は勝手に思っています。

もちろん、こうした方たちも役に恵まれた・・・それは事実でしょう。
でも、例えばルパンやヤマトがここまでになったのも命を吹き込んだ声優さん方の力ってとっても大きいと私は思うんです。
そしてこの記事を読むと、とっつぁんを今のキャラに作り上げたのは紛れもなく納谷さんの力。
今、寝る暇も無い声優さん方にも是非大先輩の言葉通りそのうち舞台もやられて演技の幅を広げて頂きたいな!と勝手に思ってしまいました。
(上からな言い方はお許しを)


「ルパン!これから俺は誰を追い続ければいいんだ」

山田さんがお亡くなりになった際の弔辞。
この言葉は読んでいて涙が浮かびました。
きっと今頃、「待ちくたびれたぜとっつぁん!」「これからずっと追い続けてやる!」みたいな事を仰りながら山田さんと新たなルパン3世を繰り広げてらっしゃるんじゃないかな?と思います。

あ!もしかしたら富山さんとヤマトをやってらしたりもするのかな?
聞きたいな・・・(涙)









そして同日知った滝下毅さんの突然の転落死。
まだお若いのに・・・
それとご結婚されたばかりですよね。
奥様の心中を考えると・・・
しかも、ご自身のブログを見ると亡くなられた当日の朝、これから仕事へみたいな文章が書かれていて。

青二は先月も御病気で本多知恵子さんがお亡くなりになり。
そして今度は事故死。
残念な事が続いていますね。

11日はオッキーをはじめとして青二の声優さん方が心の中で泣いてらっしゃるのが伝わってきて。
特にオッキーの呟きはゲーム「真・三國無双」で親子の関係にあった事からも動揺っぷりは読んでいるこっちまで伝染しそうでした。
また、転落の詳細がわかっていないのもモヤモヤするというか・・・


残念ながら私はこのゲームをやっていないのでお声がすぐに浮かぶ声優さんではなかったのですが、きっとこれからどんどん!という方だったでしょうだけに非常に残念です。



ここのところ声優さんの死の報道がちょっと多めで声優ファンとしては辛いニュースが続いているのも悲しいです。
心からご冥福をお祈り致します。






さて、話変わりまして
明後日の金曜日がチビの卒業式。
前日は少し帰宅時間が早くなるし、水曜日はレディースデーだから!というわけで劇場版「とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟」観てきました!

130313_100550


公式HPはコチラ



お友達の記事を読むとちょっとビミョーな感じでしたが、「スタドラ」は時間が合わないので今回はコチラをチョイス。
予め聞いていたおかげで?意外に楽しんできちゃいました。


「不幸だぁー!」

当麻のこの決め台詞(大いなる勘違い/爆)
相変わらず女子が絡むと発動するカミジョー属性(爆)
お説教
アンド・・・入院記録更新中


インデックスの歯形・食いっぷり
ただ、今回はあんまり活躍の出番はないまま終わっちゃったかな?

美琴も相変わらず(ファミレスで座るシーンの時、チラッと短パン見えないかな?と思いましたが(^^ゞ)
また、音楽を聞くために佐天と距離が近くなった際に窓にベッタリと貼り付いている黒子ちゃんも相変わらずお姉さまLOVEだし(笑)


そして今回のニュー・ヒロイン 鳴護アリサ
路上ライブで当麻たちと出会い親しくなります。
それと美琴とも面識あり。
どうやらゲームの方で知りあってたというのがあったんですが、これ、出来ればゲーム未プレー者にもわかるお話展開だったらもう少し嬉しかったかな?

 (PSP)とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)(初回限定生産版)

この子がとにかく魔術サイドと科学サイドの両方から狙われていて。それを当麻たちは必死に守ろうとするわけですが。

その片方がステイル率いるイギリス清教。
そしてもう1人はレディリーに命じられて動いているシャットアウラ

しかし、アリサとシャットアウラがただの追いかける者と追われる者ではない事は透けて見え隠れしていて。


この辺りを中心としてほぼ禁書目録側はオールスターキャスト状態。
私はもうこれだけで観に行った甲斐がありました(笑)

相変わらず妹LOVEな土御門
その土御門に武器扱いされて宇宙に連れて行かれた神裂ねーやん
いやもう、宇宙でなんで息出来るん?とか重力は?とか気にしちゃダメなんだな〜と(爆爆爆)
もはや彼女は五右エ門の域に達しているかも(笑)
彼女の口から「つまらぬモノを斬ってしまった」とか言って貰いたい (* ̄m ̄) ププッ

さて、今回は魔術で死ねない身体になってしまったレディリーが死にたい願望のために、3年前にある事故が起こり、そのせいで乗組員で唯一機長だったシャットアウラの父が死に。
同乗していた彼女は生き残った
それ故「奇跡」を信じない人間に。
また、音楽が全てノイズ扱い。

それとは逆に音楽で人を幸せにしさらには奇跡を起こすのがアリサ。

アリサを攫い、自分が死ぬためにとてつもない魔法陣を完成させようとするレディリーと。
飛行機事故もレディリーのせいと知り、憎しみを募らせていくシャットアウラ。
でも、いくら攻撃してもやはり死ななくて。

とうとう出来上がりつつある魔法陣
土御門のおかげで宇宙へと飛び出した当麻とインデックスは二手に分かれ、インデックスはレディリーの所に。
当麻はアリサを救うべく進んでいきます。
また、その魔法陣のせいでエンデュミオンが崩れてしまう事に。
このままでは学園都市が!

それを回避してくれたのはステイル、御坂妹と一方通行、黄泉川たち



オールキャストで盛り沢山。
作画も素晴らしく、ただちょっとステージで歌っているアリサのシーンのみちょっと違和感を感じて気になっちゃいましたが、全体的にはスタッフの本気も見せて頂きましたし、キャスト陣も素晴らしい☆
ただ、内容以上に登場人物が多過ぎて、いろいろ知りたかった部分が曖昧なまま(レディリーが節の身体になった事情とか)あれよあれよという間に終わってしまった感があって
(^^ゞ

これらも私が知らないだけかもしれませんが、アニメの繋がりのまま観に来た人にももう一歩わかるシーンか台詞を入れて欲しかったです。
もしかしたら、現在「少年ガンガン」で連載中のを読むともっとわかりやすいのかな?
でも、本当は「もっと知りたかったら原作買いな」商法じゃなく、きちんとその辺も盛り込まれた構成になっているのがベスト・・・だとは思うんですが。



まぁ、いろいろ文句書いちゃいましたが、そこそこ楽しんできましたよ。
ラストでアレイスター=クロウリーとローラ=スチュアートまで出てきた時はこんな1シーンだけになんて豪華な!と唸ってしまいました。

あと、目的の1つだった星野リリィさん担当のお人形もバッチリ☆
最初、気付けるかな?と思いましたが、美しいのですぐ!(笑)
あと、ステイルのオカンっぷりも可愛いカッコイイで。キーヤンボイスを楽しんできました♪
禁書目録祭りだと思えば、久しぶりの動く彼らを見るだけでも楽しくなれると思いますよ(^^)

(感想になって無くてすみませーん!)






にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります


 劇場版「とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟 」劇中歌: ポラリス / 三澤紗千香

 ラジオCD「劇場版 とあるラジオの禁書目録」Vol.1












ポラリス (劇場版「とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟 」劇中歌 )
ワーナー・ホーム・ビデオ
三澤紗千香

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ポラリス (劇場版「とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟 」劇中歌 ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
つれづれに・・・(納谷さんを偲んで&劇場版禁書目録) SOLILOQUY別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる