SOLILOQUY別館

アクセスカウンタ

zoom RSS AMNESIA 第12話「XII」(最終話)

<<   作成日時 : 2013/03/27 15:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

AMNESIA 第12話「XII」(最終話)


「俺のただ1つの願いは君が生きる事」

設定その他、1クール中ずっとヤキモキさせられたこの作品もいよいよ最終回☆
しかし、乙女ゲーもいろいろ変わってきているのですね。
いろんな意味でビックリさせられた作品でした。




「おまえは今日ここで死ぬ運命なんだよ」

隠れていたが、アッサリ見つかりナイフを振り下ろされる。
寸ででかわした彼女は建物内を逃げまどう。
でも、予め逃げられないよう鍵をしておかれた扉はびくともしない。そして鍵は黒ウキョウの手の中。
しかし、建物中に回った火の影響で頭上のガラスが割れた時・・・白ウキョウへと戻る。


「だってウキョウさん、メールで・・・」

彼女の言葉で、また黒ウキョウが彼女を殺す為にここに誘い出した事を知ったウキョウはとうとう決意し、隠していた真実を話し始める。

「君は・・・8月1日にこの大学で爆発事故に巻き込まれた」

10話で「同じだ」と言っていたのはこの事なんですね。

そしてこの世界の主人公はその事故に巻き込まれ意識不明となったまま25日に亡くなったのだと教えられる。

「それがこの世界で起きた一度目の出来事だ」

ウキョウはこの世界で一度彼女を失っていたのだ。
第1話で出てきたヴィジョンはその時のモノだったのですね。

「俺のただ1つの願いは君が生きる事」

全てはウキョウのこの願いから始まっていたんですね。

「だがな、おまえが死ねば俺は生きられる」

再び黒ウキョウとなると、そう言って彼女を殺そうと彼女を追い詰めていく。
そう。生きた彼女を求めて並行世界に移ったウキョウ。でも、所詮そこは彼は存在すらしない世界。
そうなるとアレルゲンが如く、世界は辻褄を合わせようとウキョウを排除しようとしてきた。そしてそれは絶対に抗えない。
ウキョウの忠告で今まで主人公が生きて来られたのは、数々の並行世界でウキョウが体験してきたからだったのだ。
それによって学んだように、彼女を排除する事で無意味にウキョウ自身が殺されるのを防ごうと言うのだ。
開かない扉の前で追い詰め、首を絞める黒ウキョウ。
だが、再び彼女を助けたのはウキョウだった。

「逃げろっ!」

ここは別撮りだったのでしょうか?宮田さんお疲れ様です!
交互に白と黒の人格が入れ替わるので本当に大変だったんじゃないかと。

「死なせない!彼女だけは明日に送り出すんだ」

もともとは黒ウキョウは存在していなかった。
しかし、何度も味わった死の苦痛や恐怖から逃げるためにいつの間にか別人格が出来てしまったのだ。
そして彼女との共存が叶わないなら・・・と今まで並行世界の彼女を殺してきたのだった。

「自分の死を逃れるために何度も」

だが、強制的な死は苦痛を伴う。それから逃れたい一心だった。
そしてその度に罪の意識に苦しんでまた別の世界に逃げ込んできたウキョウ

「だが、もう二ールにその力は残ってねぇ」

ニール・・・その名前をオリオンは知っていた。


とにかくオリオンに促され、逃げ出す主人公。
道々、ウキョウが別の世界に行けたのは二ールの力によるものと教えてくれた。
二ールとはオリオン達の創造主。
二ールは、人の願いを叶える事で力を得ていた。

最上階まで上がってきた主人公とオリオン。しかし、扉は黒ウキョウによって閉められていて逃げ出せない。おまけに黒ウキョウはすぐ傍まで来ていた。
そして、ここで焼け死ぬか、自分に殺されるか選べと言う。

「お遊びはここまでだ!確実に殺してやる」

簡単に抑え込まれ、さすがにもうダメだと諦めそうになる。
そんな彼女を勇気づけたのはオリオンの声

「諦めちゃダメだ!君が諦めたらウキョウの願いも叶わない!」

この言葉で咄嗟にナイフを避けた。
でも、今度は地面に叩きつけられ絶体絶命
しかし、自分に振り下ろされたと思ったナイフは・・・ウキョウの胸を突いていた。

黒ウキョウの眼から涙が流れる そしてその場に倒れるウキョウ

「どうして?」

駆け寄った彼女に鍵を渡し逃げてと言うウキョウ

「不思議だな。痛みも苦しみも無い。
俺が初めて自ら望んだ死に方だからかな・・・」


諦めなきゃいけないとわかっていたのにどうしても主人公に会いたくて並行世界に飛んでしまった自分。

「俺はここで終わるべきなんだ」

でも、別の世界に行って生きている主人公に会っても、その彼女にとって自分は他人。笑いかける相手も自分じゃない。
彼女が幸せならと思う反面、すごく寂しかったと涙を流す。

「俺は幸せだったよ」

この世界で再び主人公と出会い、自分を見てくれている彼女と僅かな間でも一緒に過ごせて幸せだったと。


時計はあと1分で26日になろうとしていた
逃げるよう促すウキョウに首を横に振る主人公

「一緒に行きましょう!」

これは「一緒に生きましょう」だろうか?どっちにも取れる言葉ですね。

そんな彼女にありがとう・・そしてこれからも生きてと願い息を引き取る。
それと同時に鳴り始める26日になった事を知らせる時計の鐘。

これでウキョウの願いは叶ったのだ
すると、突然、死んだはずのウキョウの指が動き目を開いたのだ。

「俺の願いは叶ったんだ!」

そしてウキョウの身体が光に包まれていったーーー



気付くと見た事もない場所に。
オリオンに主人公もウキョウも助かったと知らされる。
そして頭上から降り注ぐ光。ニールだった。
オリオンの身体を通してニールの言葉が。

主人公が生きてくれた事でウキョウの願いが叶い、それに伴い二ールもまた力を取り戻す事が出来た礼を。
そして、なかなか叶える事が出来なかったウキョウの願い・・・これを叶えるため、ウキョウに何回も苦痛を与えてしまった事、そして主人公にも詫びる。彼女の記憶喪失はニールが深く関係していたのだ。
オリオンとぶつかってしまったのも、ニールが彼女を求めていたので必然的に引き合ってしまったからだった。
並行世界を何度も飛んでしまったのもニールが関係していた。

発端は、崖から落ちた為。
ウキョウの苦悩を感じ取った二ールが主人公を別世界に飛ばしてしまった。
でも、それはあくまで応急処置。そしてその為に彼女は何度もいろんな世界の8月1日に飛ばされる事になってしまった。

でも、それも彼女が懸命に立ち向かってくれたおかげでウキョウの願いが叶いニールも力を取り戻せた。

「ニール様が君の記憶を戻してくれるって!」

それだけでなく、本来の彼女の世界に帰してくれると。
しかし、あまりに突然な事と、それと取り戻した記憶がどんなものかわからない不安で戸惑いを見せる主人公。
でも、そんな彼女にオリオンは今まで乗り越えて来られたんだから、今の君なら大丈夫と勇気づけてくれた。
それよりも、こんな事になってしまったきっかけになっただけでなく、結局、なんの手助けも出来なかったとしょんぼりするオリオンに、

「私、オリオンがいてくれて本当に良かったって思ってる
傍にいてくれてありがとう、オリオン」


不安な時励ましてくれたり、一緒に悩んでくれて心強く思ってたと微笑む。
大変だったけど、いろんな体験が出来て楽しかったねと振り返る2人。
そして彼女もまたオリオンと一緒ならとやっと笑顔を見せる。
しかし・・・

「ボクは君の精神体から離れる事になる」

主人公が記憶を取り戻すーーー
これはイコールオリオンとの別れを意味していたのだ。
もう姿も声も聞こえない。見えない。
それだけでなく元の世界に戻ったところでオリオンの記憶も消えてしまうと言う。

「どこかで見かけたら声をかけてくれないかな?」

彼女の頼みにそうする!と約束するオリオン



彼女の本来の世界に繋がる扉が出現する。
いよいよオリオンとの別れ

「さぁ、あそこに向かって!君が戻るべき世界がそこに待っているから」

走馬灯のように今までの事が浮かんでくる。
2人の目には涙がたまっていた でも笑顔だった

orion2

「さようなら、オリオン」



扉を抜けるとそこには5つのカードが彼女を待っていた
微笑みながら進む主人公。いったい彼女が選んだのは誰?


shin-i

ikki-i

kent-i

tohma-i4

ukyo-i





なんかわかったようなわかんないような・・・(^^ゞ
正直、ツッコミどころ満載な作品でした。
お話の展開上誰ルートにはしにくいせいか、どうしても1人1人が中途半端。
それと、彼女の本来の世界はどこ?それ以上に名前は?(爆爆爆)

それと、これは考えちゃダメなのかもですが、ウキョウが自分の命を救うために手を下したというなら、今まで主人公が出会ってきた世界+αの彼女はもう死んでしまってるという事?
私は彼女が飛ばされた際に入れ替わりにどこかに飛ばされただけと考えてましたが、だとしたらその世界に残された男性陣が可哀想過ぎる。
彼女のいない世界に耐えきれなかったウキョウのワガママに精霊主が手を貸して、死ななくてもイイその他の世界の彼女を虐殺していった話・・・になっちゃう(汗)
ウキョウの願いが叶えばそれでイイのか?( ̄~ ̄;) ウーン

乙女ゲーもただ「好き好き」言ってりゃいい時代は終わったんでしょうか(^^ゞ

それと、多少の学習能力はあれど自分に意思が無く受け身なままの主人公にはどうしても感情移入が出来ず。ホント、男性陣+キャストで乗り切った気がしました。
個人的にはヤンデレトーマがお気に入り。病んでる男はやはり好きなのだと再確認(直江が好きな時点で当然ですか?/笑)

いろいろ書きましたが、それでも絵が綺麗で耳が喜ぶキャスティングで。楽しませて頂きました。
でも、ゲーム原作アニメは難しいんですね(^^ゞ
まぁ、とにかく持っているのですからまずはやってみます(はい)



お付き合いありがとうございました。
これにて終了です。






にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

↑よろしければ1クリックお願いします


 2013年4月発売CD【4/24】TV AMNESIA ドラマCD 2

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
AMNESIA(アムネシア)第1話  〜  第12話 XII 最終回
AMNESIA(アムネシア) 第1話 〜  第12話 XII 最終回 ...続きを見る
動画共有アニメニュース
2013/03/27 16:55
AMNESIA #12
この作品もいよいよ最終回です。白ウキョウに止められていたにも関わらず、主人公ちゃんは大学へとやって来てしまいました。それは黒ウキョウの罠だったのでした。そして、 ...続きを見る
日々の記録
2013/03/27 19:05
AMNESIA 第12話「XII」
第12話「XII」 ...続きを見る
いま、お茶いれますね
2013/03/27 19:46
AMNESIA #12(最終話)「XII」
「君に会いたくて、もう一度君に笑いかけて欲しくて  そんな俺の勝手な願いで君を手にかけた」 ウキョウの願いと葛藤と。 ...続きを見る
マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
2013/03/27 20:34
AMNESIA 第12話「XII」
せっかくの忠告をきかずウキョウのことが心配のあまり大学までやってきてしまった主人公 結局裏ウキョウに襲われて時計塔は火の海に、慌てて逃げ出そうとするけど扉には鍵が… 逃げられないようにウキョウが... ...続きを見る
Spare Time
2013/03/27 21:10
AMNESIA(アムネシア) 第12話(最終回) あ...
世界の真実----------!!初回から振り回されてきたこの世界設定。その真実が明かされた最終回。長かったモヤモヤ(><)ま、最後まで曖昧で終わった印象ではありましたが。8月26日ま... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2013/03/27 21:27
AMNESIA #12(最終話)「XII」感想
ボクは何度も世界を飛んだ。キミを助けるために。「XII」時計塔に追い詰められた主人公は自分を取り戻したウキョウによって真実を告げられる。世界を飛ぶのはもう最後。25日を... ...続きを見る
おぼろ二次元日記
2013/03/28 16:15
AMNESIA  全12話
こちらオトメイト原作の乙女ゲーアニメ しかし乙女ゲーはコーエーからすっかりオトメイトになったなぁとなんだか思ってします いえ乙女ゲーをプレイしたことは一度としてないですが (友人ははまってたなぁ... ...続きを見る
にきログ
2013/03/30 01:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
AMNESIA 第12話「XII」(最終話) SOLILOQUY別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる