SOLILOQUY別館

アクセスカウンタ

zoom RSS はじめの一歩 Rising 第2〜4話 一言ざっくり感想

<<   作成日時 : 2013/10/30 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

はじめの一歩 Rising 第2〜4話



毎回きちんと・・・なレビューは書けないと思いますが、今回はちょっと時間が出来たのでザックリと書いてみたいと思います。


第1話の感想はコチラ



第2話「デンプシーロール破り」

日本フェザー級タイトルマッチ防衛戦、チャンピオン幕之内一歩VS挑戦者島袋岩男。
試合は互いの体を寄せ合う超接近乱打戦!強打が炸裂する壮絶な打ち合いの末、
島袋が試合前に言い放った「海の底へ連れて行く」の宣言通り、呼吸困難(チアノーゼ)に陥ってしまう一歩。勢いにのる島袋はついにデンプシーロール破りを決行する――。
窮地に陥った一歩はチャンピオンの座を守りきることはできるのか!?




原作未読でアニメを見続けている私なので、上の子は展開をわかっているようですが、私は刷り込みの無いままハラハラした思いで第2話を見ました。

正直言うと、もう1話あるのかと思ってましたが、窮地から一転、一歩のパンチも少しずつ効いていたのか?後半の展開は速かったですね。

しかし、あの勝ち方はどう解釈したらイイのかな?
でも、結局、海人な自分と、実家が釣り船やの一歩を同じ海人同士と思い戦ってきた島袋と。
実はそうだったのは島袋だけで、既に一歩はボクサーだった・・・その気構えが勝敗を分けた・・・という解釈でイイのかしら?

島袋はそのままボクサーを引退すると表明。
一歩はベルトを守りきったというところで終了☆


それにしても、本当に途中まであまりに一歩が劣勢で。
なのでもう1話くらいこの試合の回になるのかな?と思いましたが。
ここまで身も心もボクサーか否かで試合の展開を自分に引き寄せてしまうものなんでしょうか?
ただ、個人的にはやや釈然としない終わり方に感じてしまいました。

また、もう一度ちゃんと見直そうかな?




第3話「女の闘い」

壮絶な闘いの末島袋を打ち破り、4度目の防衛に成功した一歩。
試合でのケガを癒やすべく家で療養する一歩の元に板垣の妹、菜々子がお見舞いにやってくる。そして……。
一方、青木は初となるタイトルマッチに向け気合を入れていた。対戦相手は堅実なボクシングスタイルを貫く今江克孝。今江はビデオで青木のこれまでの試合を研究しつくし対策を立てていた。
圧勝を確信し臨んだ計量当日、今江は衝撃的なモノを目にしてしまう。




一転して、今回は平和回。
怪我を癒すべく、実家で療養中(というより、寝ちゃってて起きない?/笑)の所に、一歩を取り巻く女子3人(久美を先頭に菜々子ちゃんと真理さん)が久々の登場。
年齢は様々ながらも3人集まればかしましいというか(^^ゞ
よく、あの騒がしい中で一歩は熟睡していられるなぁと感心しきり(笑)
起きてたら、やっぱり久美さんに真っ赤になるのかな?(お兄ちゃん、恐いけどね/笑)

でも、結局は一歩ママの一人勝ち。さすが貫禄が違いますわ(笑)


後半は、やっと身体が癒えてきた一歩がジムに訪れる。
ここで、一歩の必殺技である「デンプシーロール」の欠点を、島袋によって突き付けられた事になった一歩が前向きに立ち向かう決意をします。
でも、その心を支えるのは会長をはじめとした仲間の存在。
この作品はこういう部分がイイですね〜。

そして回想ながら、久しぶりの宮田君に胸熱(〃∇〃) てれっ☆

miyata

でも、デンプシーを身につけたからこそ宮田くんと戦えると思っていた一歩。
しかし、それでも尚遙か上を行く宮田君。
彼と戦える日はいつ来るんでしょうね?

そして心配なのは次に試合を控えている青木の減量&増量ミス(苦笑)
しかし、そういう時はなんだかんだ言いつつ必ずソッと気遣う木村君の姿がね〜ホント、イイ!!
誰よりちゃんと青木をわかってて。

幼稚園からの付き合いでしたっけ?イイ付き合いを続けてるな〜としみじみした回でした。




第4話「勝利の女神」

青木は苦労の末編み出してきた必殺技を今江に愚弄されたことに腹を立てる。
しかし今江も負けを糧に勝ち上がってきた自分と同じタイプであることに気づいてしまう青木。
是が非でも自分と同じ部類であることを認めたくない青木は心の支えであるトミ子に救いを求める。
一方で今江も昔の彼女サチ子と試合前を過ごしていたが、
ボクシング一筋を貫いてきた今江はサチ子を突き放す。心の支えのある者と心の支えを断ち切った者。
自身のボクシングスタイルの意義を賭けた闘いが始まろうとしていた。




いよいよ近付いた青木と今江の試合。
しかし、ボクシングスタイルは違うものの、こんなに共通点を持った両者って(^^ゞ

でも、青木がトミ子を勝利の女神として、落ち着かない気持ち等を癒して貰って力に変えてるのに対して、今江は勝利の為に恋人と別れて。
どちらも「負け」の恐さも辛さも全てわかっている両者。
果たしてどちらが勝つのか?

しかし、ゴングが鳴り、自分のペースに持ち込もうとあの手この手で探りを入れる青木に対し、仕掛けてこない今江がなんとも不気味。

それにしても、この回で久しぶりに下半身丸出しシーンも多い作品だと思い出しましたよ(笑)
昔は、一歩もこのネタありましたもんね〜(^^ゞ


青木の前に試合があった板垣くんの試合
ちょっとヒヤヒヤしましたね。
ってか、板垣父ってあんなでした?出てくるの初めて?(忘れてしまった)
でも、鷹村さんとはイイコンビという感じで・・・
周りにいる人たちからすると大迷惑って感じでしたね。





果たして、この試合、一歩、板垣に続いて鴨川ジム三連勝となるのか?
トミ子パワー全開で頑張れ、青木っ!!





最初の頃の一歩が激しく見たいです!!




 にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

↑よろしければ1クリックお願いします


 はじめの一歩 Rising オリジナル・サウンドトラック [ 平野義久(音楽) ]

 はじめの一歩 New Challenger DVD-BOX

 はじめの一歩 THE FIGHTING! DVD-BOX VOL.1

 はじめの一歩 THE FIGHTING! DVD-BOX VOL.2

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
はじめの一歩 Rising 第2〜4話 一言ざっくり感想 SOLILOQUY別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる