BLCD 「最悪」

ひちわゆか:原作 石原理:絵


「最悪」 B’


Atis collection

















【キャスト】








橘英彦 : 神谷浩史


有堂京一 : 森川智之


柳井係長 : 松本保典


堤課長 : 千葉一伸


太田 : 阿部敦


寺山 : 前野智昭


小野田 : 小形満


小野田の妻 : 山口享佑子


小野田ミホ : 藤田咲


部長 : 星野充昭


従業員A : 小田久史


従業員C : 足立友


モモエ : 嶋村侑


女子社員 : 本多陽子












橘英彦は、同期の中でも異例のスピード出世を果たしたエリートサラリーマン。


その英彦が出張先で不本意ながらも再会してしまったのは、数年前に三くだり半を叩きつけた元恋人・有堂だった。


傲岸不遜で厚かましくて無神経で、そしてどうしても忘れられない男――。


別れた時と全く変わっていない有堂に、英彦は再び振り回され!?


















うわーっ(>_<)


なんだかんだで感想を書けずにいたら、発売からほぼ2年経ってますか・・・


これは感想を書いていない方の摩天楼切り崩し記事となっております(^^ゞ

















これ、毎度ながら未読で聞いたんですが、とにかく攻め様の有堂に腹が立ち、


そんな有堂を拒みきれない英彦に腹が立ち・・・


そうこうしてる間に今まできてしまいました(^^ゞ





本当に作品名どおり主人公(特に有堂が)「最悪」です


作品自体が最悪という意味ではありません(念のため)








私にはどうにも我慢出来ない男


なので、別れた英彦の気持ちはわかるものの、拒めずというか流されて別れた男と再び関係を持ってしまうのがわからない(>_<)








天才肌というんでしょうか?


恵まれた容姿だけでなく何か引きつけるものが有堂にはあるんだろうというのはわかるものの、それが愛情の対象になるかといえば別物で。





でも、その訳のわからない魅力に何度も引き寄せられてしまう英彦


そして以前と同じように怒って怒って怒りまくって・・・


何でそれでこれっきりに出来ないのか?





そして有堂もどうしてこうもトンチンカンなのか(笑)





英彦に出ていかれてしまってそのまま数年音沙汰なくても、自分と別れたとはこれっぽっちも考えもしないんだろうか?


ご都合主義ですか?!ヾ(ーー ) オイッ(爆)














そんな2人を神谷さんとモリモリ











神谷さんはとにかく英彦らしさ万点。


ちょっと融通がきかなくて、なんとなく貧乏くじ引いちゃってる感じだけど、任されれば自分が出来る精一杯をやっちゃう男を熱演。








有堂を本当に酷い男とフリトで言ってしまうモリモリも、さすが帝王


有堂の軽くてお調子者で、でもやる時は一生懸命で、そして英彦の前ではある種、とことんズルイ男らしさムンムン(爆)








このお2人の好演あればこそ聞けた1枚じゃなかったかと。


いや、逆にいえば上手過ぎたからキャラにハマれなかった?(^^ゞ


あと、このCDに何か賞を上げるとしたら『無駄に脇が豪華で賞』でしょうか?Ф














私の場合、最近は未読のまま聞いてしまうケースが増えてきているせいか、


逆輸入でドラマCD原作というケースも少なくないんですが、


これに関しては全く食指が動かず・・・


布教してくれた萌え友には本当に申し訳ない事をしましたが、現在もこれは好きボイスを楽しむだけに留まらせております(^^ゞ





ただ、キャラがハマれなかっただけで、内容やキャスティングに関しては文句なしだったのでB’という評価にしました。








しかし、こういうのがあるからひちわ作品はすんなり作者名だけで購入出来ないんですよね~(>_<)


この方の作品はハマるのとそうでないのが激しすぎるのがちょい難点です(^^ゞ














にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ
にほんブログ村





にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村





↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック