もやしもん 第1話,2話

もやしもん 第1話「入学」,第2話「能力」








「かもすぞぉ~!」














珍しくドラマです(笑)


ずっとアニメを放送してきたノイタミナが初の実写ドラマです。








公式サイトはコチラ








まずはアニメ同様キャスト貼りを





赤文字はドラマ俳優 緑文字はアニメキャスト








沢木惣右衛門直保 - 中村優一(D-BOYS)阪口大助


武藤葵 - ちすん 能登麻美子


及川葉月 - はねゆり 神田朱未


美里薫 - 西田幸治(笑い飯)小西克幸


川浜拓馬 - 木村明浩(バッファロー吾郎)杉山紀彰


結城蛍 - 岡本あずさ 斎賀みつき


長谷川遥 - 加藤夏希 大原さやか


樹慶蔵 - 黒沢年雄 西村知道


A.オリゼー(声) - 冬馬由美









オープニングテーマ「SOS」唄 - たむらぱん


エンディングテーマ「海へいこう」唄 - SEAMO











公式HPよりあらすじ








主人公・沢木惣右衛門直保は、肉眼で菌が見えるという特殊な体質の持ち主。


もやし(種麹※)屋の息子である彼は、幼なじみで造り酒屋の息子・結城蛍とともに農業大学に進学した。


入学当日、祖父と古くからの知り合いだという樹という人物に会いに行く沢木。


樹は菌について語りだすと止まらない、ちょっと奇異な老教授だった。


その後、樹研究室に出入りするようになった沢木は、新たな「菌」と「発酵」の世界に触れながらも、


彼を取り巻く少し変わった人たちとの出会いによって、様々な騒動に振り回されていくことに…


















友人で持っている方が数人いて、何回か貸そうか?と言って貰ってたんですが、とにかく山のように積まれた自分の本を考えて「今度貸してね」と言ったっきりになっている作品です。





また、2007年にアニメになった際も数回見たんですが・・・裏で何かの番組と重なってたのかな~?全部は見れませんでした(^^ゞ








そんな私が、ノイタミナ初の実写ドラマを見る事にしたのは、「電王」ファミリーの1人であるゆうきゃんと1字違いの中村優一君が主演だから?????





共演していた健君は先日まで大河ドラマに出演とちょっと溝を開けられてしまったかな?という気もする優一君。


それでも相変わらず欲目で贔屓してしまう若手俳優さんなので、これからもいっそう頑張って欲しいですね。











さて、そんなほとんどゼロに近い状態での1話と2話。


私的にはとても面白かったです。


また、他の番組のように1時間弱の長さよりも30分弱という長さがまた個人的に絶妙な気がしてます。


また、時間帯もチビが寝ているのでゆっくり見られるし(^^)











1話はとにかく菌が見えて手で触れて話まで出来てしまうという能力を持った主人公・沢木が、サークル勧誘の中で偶然見かけてしまった風采の上がらない2人組(美里と川浜)の被り物と写真に思わず「麹?」と反応してしまった


さらに、沢木が会いに来た祖父の友人である樹教授の所に連れて行ってやる!と半ば強引に引っ張っていかれたところから開始☆








1話では、沢木の他には樹教授、1つ学年が上になる美里と川浜。そして大学院生でボンデージ風の服を着ているちょっと女王様っぽい感じの遥が中心。





そして樹教授がもともと沢木の持っている能力を知っていて・・・





沢木はどうやら菌が見える事が周りに理解されずに変人扱いされていたみたいですね。


(見えるモノは違いますが、「夏目友人帳」を思い出してしまいました)


その為、田舎から東京に出てきたみたいで。


だから、当然最初は美里にも川浜にも、遥にも信じて貰えなかったわけですが、樹教授のおかげ(?)でとりあえずこの3人には菌が見える事を理解して貰ったところで1話は終わり。








2話はその遥の父登場☆


どうやら遥の大学院行きを止めさせたがってる様子です。


(しかし、帰ってきたウルトラマンの団さんも・・・哀れ(>_<))





そして同じクラスの女子・及川登場


この子はにかく除菌マニア


とにかくすぐ手を拭いたりスプレーしたりと徹底的に除菌し捲ってます





しかし、農大で、今回のオリエンテーリングは牛の世話


除菌しても追いつかないだろう・・とツッこんでしまいましたけど(^^ゞ











この2話でも沢木は先輩方が作ってくれた昼ごはんのサラダの中に変な菌を見つけ、食べるのを止めさせます。


菌の正体は樹教授いわくO-157


沢木が止めなかったら大変な事に。








まぁ、こんな感じで今までとは逆に菌が見える事を最大限に利用したキャンパスライフが始まったという感じです。








それにしても、この除菌娘、菌は菌でもイイ菌がある事や、生まれつき人間が持っている菌を知らないので(ま、私も同レベルですが(^^ゞ)、その件で美里と川浜と言い争うシーンがあるんですが、笑い飯の西田さんやバッファロー吾郎さんの演技力は・・・まぁ、頑張ってね!という感じですが、ヌルい雰囲気にはよくマッチしているかと(偉そうですが)


このシーンもついプッと笑ってしまいました。





女の子の方はわからないですが、特に黒沢さんは存在感あります~


この教授から西村さんのお声は容易に想像出来ましたФ











最初は、この作品の世界観を実写でどこまで?と心配していましたが、菌たちも上手く実写化?されていて、相変わらず愛らしい容姿です。


また悪い菌もそれなりに悪くて(笑)





また声もアニメの時のまま冬馬さんがA.オリゼー担当で。


遠い彼方の記憶を辿って「ああ、そういえぱ懐かしい」とФ


まぁ、ここは声優さんを起用して下さってるので菌たちの会話は安心して聞いていられますね。


他の菌はアニメと一緒なのかはちょっと確認出来ていませんが。











しかし、今までたくさん見てきたノイタミナのアニメより許せる気がするのは何故なんでしょうか?(笑)


アニメの方は何作品もずいぶん酷評してしまいましたからねぇ。。。(しみじみ)





ま、原作が評判のイイ作品ですし、サラリと見るのには楽しいドラマです。


ただ、菌がイッパイ漂っているせいか、靄のかかったような場面が多いのが玉にキズФ











にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





↑よろしければ1クリックお願い致します











海へいこう

海へいこう

価格:1,223円(税込、送料別)


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック