夏目友人帳 肆 第8話「惑いし頃に」

夏目友人帳 肆 第8話「惑いし頃に」


今回は七瀬さんの小さい頃のお話
彼女にもこんな時期と思い出があったんですね。



公式HPより


突如空から現れた妖怪に連れ去られてしまう夏目。夏目をレイコと勘違いしているその妖怪は、友人帳に名があり今は封印されている友を呼んでやってほしいという。
一方、夏目とはぐれたニャンコ先生は、山の中の廃屋で、古井戸の中から妙な気配を感じる。足を滑らせその古井戸に落ちてしまったニャンコ先生が遭遇したのは、祓い屋・的場一門の七瀬であった。






妖祓い屋を生業とする一族に生まれた七瀬は幼い頃より妖を祓ってきた。
それでも、まだ、悪さをしていない妖に情けをかけていた時もあった頃ーーー


祓えなかった自分を見て、隣町に住むという夏目レイコの噂をする妖たちの声を聞き、脳裏に焼き付ける七瀬

「夏目・・レイコ・・」




ニャンコ先生と歩いていると、突然空から飛んできた妖怪に攫われてしまう夏目。
どうやら、その妖怪は夏目とレイコを間違えていて。
レイコはとっくに亡くなった事を知ると、ショックで手を離してしまう妖怪。
慌てて夏目はキャッチしたものの、夏目の足に掴まっていただけのニャンコ先生はそのまま落ちていってしまう。

その妖怪は友人帳の力を借りたかったらしい。
夏目が受け継いでいると知ると、改めて夏目に願う

「夏目レイコの孫よ、頼みを聞いてくれぬか?
レイコに代わって私の友を呼んでやって欲しいのだ」


現在、その友人は小さな玉石に封じられてるという。
しかも、レイコの所に持って行こうとして森のどこかに落としてしまったと言う(^^ゞ



その頃、置いていかれてしまったニャンコ先生は必死に追いかけていて張ってあった縄に足を取られる。
誰かがまた引っ掛からないようにとその縄を解くと、その縄は井戸の中に繋がっていて。
井戸の中を覗いてみると面妖な水が。
つい、覗きこみ過ぎて中へと落ちてしまうニャンコ先生。


「おやおや。誰かと思えばバカ猫ではないか」

その水は結界かなにからしく、息が出来る。
そしてそんなニャンコ先生に声をかけてきたのは・・・七瀬だった

彼女は、妖モノを封じた石を見ていた。
しかし、それは七瀬が封じたモノではなかった。

「どんな祓い人が封じたのかは知らんが、どうせ小物ばかり狙う陰険な奴だったのだろう?」
「言ってくれるね!」

ニャンコ先生の言葉に気分を害したような顔つきになる七瀬
しかし、すぐに表情を戻し、レイコの話題に切り替える。

七瀬はこの中で唯一、自分が封じた石を探しにここに入ったのだと話し始める。

「ここで会ったのも何かの縁だ。昔語りでもしてやろうか」




幼い頃から、祓い屋としての才能を認められていた七瀬。
だが、そんな彼女でもまだ未熟な頃があって。
妖に情けをかけ、大物の妖を祓うのに失敗した七瀬は父親に説教された。


悪しき妖怪は祓い、力ある妖怪は式として使う。
それ以外の妖怪には心を留めない  それが心得。

そんな七瀬は、昨日妖怪達が話していた夏目レイコにどうしても会ってみたくなった。
昨日、情けをかけてしまった妖を見つけ、掴まえ、レイコのもとに案内させる。
そんな七瀬も、クラスメイトからは「変な子」扱いを受けていた。

「そもそも、レイコと会ってどうするのだ?弟子入りするのか?」

そんな話をしながら、レイコを見たという森の中を歩いていると、昨日、祓い損ねた妖怪が目の前に現れる。
何の準備もてしいない七瀬はやられそうに。

そんな彼女の危機を1人の祓い人がその妖怪を吹っ飛ばしてしまう。


mikage4

「私はミカゲという者だ」

確かに。どう見ても男だし(^^ゞ
あ、ミカゲの声は木内さーん♪


手当たり次第に妖怪に喧嘩をふっかけて倒しているというレイコの噂を聞いた事があると話すミカゲ。

「夏目レイコに会ってどうするつもりなのだ?」
「聞いてみたかったんだ・・・私と同じように見える人に。
祓うべき妖怪と、戦わなくてもイイ妖怪とどうやって区別しているのか」


七瀬は父親の言っていた心得に反して、妖怪は全て祓うべきと考えていたのだ。

「だって、こんな連中いなくなった方がいい!」

妖怪=悪というより、みんなに見えていないモノ
影でコソコソ言われるのに耐えられない・・・って感じでしょうか。
そして、見えれば声をかけたくなり、会話を交わせば情がわく。
それでは自分の仕事に支障が出る
まだこの辺が純粋で可愛い部分ですね>七瀬


「ミカゲさんはどう思う?」

七瀬の言う事を黙って聞いていたミカゲは

「私は教えられたとおりに封印しているだけだ」

人も妖も大いなる自然の連鎖の力で生かされている
だから、互いが業なのだと

「業とは、その者がそうとしか生きられぬ、生まれ持った役目のようなものだ」


すると、突然苦しみ始めるミカゲ
封印する度に自分の身を削っていたのだ。
それが自分の業なのだと。

七瀬が家へ帰ろうとした時、ミカゲは七瀬に1つ願いごとをする。
もし、自分が妖の気に負けて禍々しいモノになるとわかったら七瀬の手で封じて欲しいと。





言っている意味がよくわからないままその時は別れ
数日後に再びミカゲに会いに来た七瀬は小さな祠のある場所にやってきた。
すると、例の妖怪がミカゲはもう長くないと教えてくれた。
実は、その間にレイコと対決したらしいのだが、既にボロボロだったという。

なぜ、レイコのもとに行ったのか?
その訳を聞こうとしたその時、再び、七瀬が祓い損ねた妖怪が七瀬の前に現れる。
今度こそ本当に妖怪に掴まってしまった七瀬を助けてくれたのはミカゲだった。
右手を妖怪に向けると、左手の中から勾玉のようなものが現れ・・・
念じると、妖怪はその勾玉に封じられてしまったのだ。

しかし、封じ終えると、その場に倒れ込むミカゲ。

「来るなっ!」

そして彼の顔は禍々しいものへと変化しつつあった


そこに駆けつけてきた男2人。
彼らの話から、ここの祓い人が亡くなり、主を失った式がウロついていると知る。
ミカゲは妖怪だったのだ。

禍々しいモノを封印するために石を探していた主と出会ったのがミカゲ。
そして主が亡くなる際に「禍々しいものを封じろ」と命じられ、今まで身を削って作った石に妖を封じてきていたのだ。
だが、もう限界に来ていた

自分が禍々しいモノへと変貌する前に、誰かに封じて貰いたいーーー
だから、ミカゲはレイコのもとへと言ったのだ。
しかし、レイコには断られて戻ってきた

「頼みがある。私を、封じてくれ」

強い者に封じられたい
彼の言葉に強くないと否定する七瀬だったが、

「おまえは祓い人の怒りや悲しみを知っているからだ
そしてそれは、これからもおまえを強くしていく
私を封じる事。それがおまえの業なのだ」


その言葉に。彼の願いを引き受ける事にした七瀬。涙を流しながら


そして、それ以来妖を封じる事に躊躇しなくなったとニャンコ先生に話す。
そのきっかけをくれたミカゲ。
この場所が最近になって取り壊されると知った七瀬はミカゲを封じた石を探すためにここにやってきたのだった。
しかし、自分がミカゲを封じた石を見つけられず。
ニャンコ先生と協力して井戸から外へ出た七瀬は、そのままその場を後にしていった。




その頃、森の中に降りた夏目は玉石を見つけ名を返す

「名を返そう。ミカゲ」

名を返されたミカゲは石から解き放たれたが、その姿は今にも消えそうで。
そんな残された時間の中、自分を見守っていてくれた妖怪と。名を返した夏目と。
そして自分を封じてくれた七瀬に礼を言い、これでようやく業から解放されると言いながら消えていった。

「気にするな。元の姿に戻るだけだ」

そして彼の居た場所には御影石が。

「レイコの孫よ、付き合わせて悪かったな。ありがとう」

そしてその御影石を抱え、その妖怪もまた飛び去っていった

「そうか。ようやく解放されたか」

無事、夏目と合流したニャンコ先生は夏目の話からそう呟く
七瀬とミカゲの関係は語らずに。





そのうち、2人の関係を話して聞かせる事はあるのでしょうか?

しかし、確かに「業」というものはあるんだと思いますが、七瀬はこの道しかなかったんですかね?
ミカゲの願いはともかく、それがきっかけで祓う事に戸惑いが無くなるなんて・・・
もしかしたら、名取や夏目寄りな人にもなったかもしれないのに。

でも、いろんな人がいろんな信念によって自分の役目を成す事でこの均衡が保たれているのだとしたら・・・
やっぱり、七瀬のミカゲとの出会いは必然だったのかもしれませんね。






にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

↑よろしければ1クリックお願いします




 DVD 夏目友人帳 肆 2 【完全生産限定版】《03月予約※暫定》

 夏目友人帳 参 肆 音楽集 ひねもすきらりきらり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのトラックバック

  • 夏目友人帳 肆 第8話「惑いし頃に」

    Excerpt: 夏目友人帳 肆の第8話を見ました。 第8話 惑いし頃に 「夏目、折角の天気だ。何か美味いものでも食いに連れていけ」 「さっきイカ焼きを御馳走したじゃないか。大体、先生は天気に関係.. Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2012-03-06 20:36