好きっていいなよ。第2話「からあげ味の」

好きっていいなよ。第2話「からあげ味の」


「何にも言わないと本気チューしちゃうぞ!」


キスされて、大和が気になってしかたないめい。
だけど大和にはいろんな噂があって・・・


公式HPより


キスをきっかけに大和を意識しはじめる、めい。大和につられ、同級生の及川あさみもめいに声を掛けてくれるように。
あさみは明るい女の子だけど、大きい胸がコンプレックスらしい。
何を言われても怒らないあさみを「強いなぁ」と思うめいだが、そこには大和の意外な一面が影響していた。
めいの中で、少しづつ大和の存在が大きくなっていく。そんななか、大和が初恋の子と遊びに行くことを聞いためいは……。




前回、ラストに「君届」を連想させると書きました。
クラスのみんなから遠巻きにされて、友達はおろか誰からも相手にされないめいと、学校一モテ男ながら、そんなめいに興味を示し近付いて来る大和。
なんとなく爽子と風早くんを思い浮かべてしまったわけなんですけど。
この2話を見る限りそれは間違いだったと気付きました(笑)

ってか、なんか「キスの重み」が・・・(>_<)
自分がモテるのを自覚し過ぎ!&キス魔過ぎだろっ!ヾ(ーー ) オイッ>大和
風早君も天然記念物モノだったけど、あまりに慣れてる風なのが、リアル感ある半面、個人的にちょっと残念




ストーカーを撃退するため、恋人のフリという事で大和とキスをしてしまっためい。
真っ赤になってしまっためいに、彼女のファーストキスを貰っちゃった事に気付いた大和。

そして、拒絶した筈なのに今回電話したせいでめいの携帯番号を大和に知らせちゃった事になっちゃって(^^ゞ


なんかそれ以来、大和に誘われるままカラオケとかに彼の仲間達と参加するようになった様子のめい。
でも、ついつい彼の唇に目がいってしまって必要以上に意識しちゃって。

ってか、大和の唇ドアップとかエロ過ぎでしょ!(腐っ)


「一緒に歌おうぜ!」

彼の誘いも意識し過ぎてマイクを振り払ってしまって・・・
結局、そのままカラオケ屋を出てきてしまっためい。
そんなめいを大和は追いかけてきて。

「一緒に帰ろ♪」

それまで、あのキスの夜を思い出していためいは、慌ててアイス代を払おうとするが。

「初チュウを」

お代は既に貰ってるよとニッと笑う大和。
そんな彼の言葉に真っ赤になってさっさと歩きだしちゃうけど拒絶はしなくて。


訳わかんない人だけど・・・

ちょっと信じてみようかな?





「遅いっ!」

怒っているのに甘えた声。電車の中でのさり気ない大和の優しさと微笑み。そんな彼を恋する乙女な表情で見上げる自分・・・


当然、夢オチ(笑)

学校一モテる大和と自分は一番縁が無い筈だった
なのに、学校に着けば「おはよう」と声をかけてくれて。
それだけでなく、大和を通じて知り合った及川あさみ。フランクに話しかけてくれて、昨日見つけたという携帯のストラップまでくれた。

可愛らしくて胸も大きくて・・・
そんな彼女にも実は悩みがあった。

中西にひとしきりからかわれた後、2人でトイレに行く。
そこで、あさみからもう大和とキスしたか聞かれるめい。
一度だけキスをしたと答えると、彼女も大和とキスをした事があると言う
(おいおいー!)

そこに入ってきたちょっとガラの悪そうな女子2人組

「スイカお化け キッモ!」

そう言われても怒りも泣きもせず笑っている彼女。



「あさみさんって強いな」

そう感心するめいだったが・・・

そう。彼女は大き過ぎる胸で中学からからかわれてきたのだ。
その時も男子にからかわれてて・・・泣きそうになっていたところ助けてくれたのが大和だったのだ。

yamato1-2

うわーっ!ずいぶん可愛らしかったんですね


喫茶店で話してくれたあさみ。
彼女も大和の事が好きだった。でも、ダメ!と言う彼女

「キスして!って言って簡単に出来ちゃったから」

ええー?!そんな簡単にキスしちゃうヤツなの?大和って(>_<)
そして、噂によると、大和は本命ほど簡単にキスしない・・・らしいのだ。

学校の可愛い女子全員とキス済みという噂
そしてまだ1人、キスされていない子がいるらしい。   

新井美樹 大和の初恋の相手ーーー



もう、頭の中はB組の新井さんでイッパイになっちゃっためい。
大和からの誘いも今度はB組の連中で、新井も来ると聞かされビクッとなる。

「初恋の人だったって・・・」
「・・うん。なんで?」

アッサリ認めたよぉー!
その事にショックを覚えつつ、校内の噂を話すめい

「俺はしたい事をしてるだけ」

どれだけ自由人なんだー!(泣)


「行かない」

そりゃ、そうだよね。
確かに好きって言われたわけじゃない。彼女なわけじゃない。
けれど、意識しちゃったら面白くないよね。

「言ってる事とやってる事が伴ってませんよ」



学校でも、ついつい新井を探してしまうめい。
傍から見てキモくても、つい、大和と新井が話していると見てしまう。

「黒沢はまだ好きだったりするのかな? なんか嫌だ」

だったら、成り行きとはいえそれで簡単にキスした自分の事は?
彼女は大事にしてるっぽくて・・・
彼女以外の女子ははけ口みたい・・・な?


またそんな風に意識してしまう自分に、落ち着く為にトイレに行くが。
そこでまたあのあさみを「すいか」と言っていた女子2人と一緒になってしまい、またあさみの悪口を言っている彼女たちについ、反論してしまった。


その挙句・・・頬に叩かれた痕と引っかかれた傷が。


心配する大和には「コケた」と。
そんな彼女に、以前めいから貰った絆創膏を出して貼ってやる。

「そんなにしょっちゅう傷付作っちゃ、心配でしょ!」

心配してくれる。でも、好きな人は別にいるくせに・・・



体育の時間。
結局、呼びに来たあさみと保健室で手当てをする事になっためい。

一方、授業を受けていた中西はあさみがいない事に気がいってしまった為に顔面にボールを受けてしまう。


そこにまたまたあの2人組の女子がサボりにやってきた。
めいの怪我が自分を庇ったと知ったあさみ。
そして治療に保健室に向かっていた中西も、2人組があさみの胸に対して酷い事を言っているのを聞いてしまった。
慌てて飛び込み、あさみを庇おうと言えば言うほどオッパイを連呼してしまう。

「ほら、いんじゃん。ヤリてぇ奴」

その言葉に保健室を飛び出して行ってしまったあさみ。


慌てて追いかけるめいと中西。
決してエロい事ばっかり考えてオッパイ連呼したわけじゃない。
だけど・・・

「気にしてる事を話題にされるの嫌です。
自分だけの都合で動けば相手の迷惑になる」


めいの言葉に自分の言葉が独りよがりだった事を実感した中西
そんな中西にあさみがあんなにハッキリと感情を出した事に驚いたと言うめい。

「あさみさんにとってある意味中西君は特別なのかも」

めいの言葉に決意する中西はあさみの所に走る

「多分・・・素直になれば」


「あさみっちの事は誰よりも一番に思ってる。
好き!あさみっちの事」


今まではふざけてるような言動ばかりだった中西の真面目な顔で告白されるあさみ。
その日は中西と2人っきりで帰っていく。


2人は付き合う事になったーーー
よかったねぇ~(ウルウル)



その日のカラオケは、めいだけでなく中西にもフラれてしまった大和。


断った通り、カラオケには行かなかっためいだったが、もう頭の中は大和が気になって気になって・・・
とうとう、変装とも言えない恰好でカラオケ屋まで行ってしまう。


その頃大和は新井に迫られていた。

「おかしいなぁ~まだ手出されてないなぁ
中学の時、私の事好きだったでしょ?私、今の黒沢君にだったら手、出されちゃってもイイかな~」


腕を絡ませてくる

「だって!あの橘めいともキスしたんでしょ?」

ここで、めいを出し自分と比べる彼女に・・・

「めいは・・アイツは可愛いよ」

でも、新井はその言葉を全く本気にしていなくて笑い出す。
そして、2人でここを抜け出そうと持ちかける



結局、カラオケ屋から出てきたのは大和1人。
すると、こっちを見ているめいに気付いた。

「あの子と2人で出てくるのかと・・・」

あきらかにホッとしているめいを壁際に追い詰めていってるぞ!(笑)
壁ドーンの原理か?o(^^o)(o^^)o わくわく(笑)

「だったらどうなんの?」

大和の言葉に「どーもしない!散歩もしない!」と逃げ出そうとする彼女に、とうとう、大和はキレる。

「この間から新井新井って!」

kiss34

彼女の腕を掴んで半ば強引にキスをする

「なんかしたくなっちゃった」

ヘラッと笑う大和に対し、傷付いためいの目には涙が。

「誰にでもキスするのか!
キスされて傷付く子だっているんだからなっ!

好きの気持ちの入ってないキスなんてこっちは嬉しくないんだからなっ!


彼女の言葉に再び強引にめいを捕まえた大和は何回も何回もキスをしていく。

挨拶のキス
可愛いなぁって思った人へのキス
進展した人へのキス
気持ちのあるキス

「違い、わかる?」

キスされる度に身体の力が抜けていってしまう。
そしてジッとめいの目を見て問いかける

「俺のこと好き?

何にも言わないと本気チューしちゃうぞ!」


突然、そう聞かれたって答えられない
けれど、彼は自分の存在に気付いてくれてまっすぐ目を見て喋ってくれて
それがすごく嬉しくて

「黒沢の事考えると胸が痛くなる」
「それは好きって事じゃないんですかね」

めいの言葉に嬉しそうな顔をした大和は、そのままめいに本気チューをした
そして本気チューは唐揚げの味がした






今回、あさみちゃんと中西という新たな友達が出来たみたいですね。
あさみちゃんがとってもイイ子でよかった。
でも、胸が大きいなりの悩みもあって
(かつては私もちょっと嫌な思いをした経験アリ)
そんな彼女を救ってくれたのも大和だったんですね。
自分も大和みたいになれれば・・と思ってるからこそめいにも親切だったのかな?
そんなあさみちゃんにもめいの後押しがあって中西と付き合う事になって。

しかし、2話までだけだと大和ってとんだ遊び人?(笑)
キス慣れし過ぎだし。
免疫ない子にあんな風にしてたら、そりゃ意識するよね!

でも、その辺は本当にただの遊び人じゃないみたい・・・だし?
(ですよね?)


さて、フリのキス⇒本気キスへと変わった2人のこれからはどうなるのか。


今回、少女漫画系がなかなか頑張っているんですけど。
第1話でどこもみんなキスしちゃって(1つは契約だけど)
そしてこの「好きなよ」2話ではキスのオンパレードですよ

「君届」ほど引っ張んなくてもいいけど・・・こんなにキスって簡単にしちゃうのってどーなの?
私が古いの?_(_”_;)_バタッ





にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメへ

↑よろしければ1クリックお願いします



 好きっていいなよ。 1 [期間限定生産]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 好きっていいなよ。 #02

    Excerpt: 『唐あげ味の』 Weblog: ぐ~たらにっき racked: 2012-10-17 01:31
  • 好きっていいなよ。  ~  第2話 からあげ味の

    Excerpt: 好きっていいなよ。 第1話  ~   第2話 からあげ味の 6年間、彼氏も友達も作らずにきた橘めい。ある日、誤解で学校一のモテ男・黒沢大和にケガをさせてしまうが、なぜか大和はめいを気に入って一方.. Weblog: 動画共有アニメニュース racked: 2012-10-17 04:52
  • 好きっていいなよ。 第2話「唐あげ味の」

    Excerpt: 好きっていいなよ。の第2話を見ました。 第2話 唐あげ味の パン屋のバイトで客のストーカーに狙われてしまっためいは家に電話するも誰もおらず、大和のケータイに咄嗟に電話をかけて助けを.. Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2012-10-17 05:39
  • 好きっていいなよ。 #2

    Excerpt: めいは大和にキスされたことで、大和のことを意識しまくるようになってしまいました。ストーカーからめいを守るためだったとはいえ、いきなり大和にキスされて、めいは大混 Weblog: 日々の記録 racked: 2012-10-17 05:44
  • 好きっていいなよ TokyoMX(10/13)#02

    Excerpt: 第2話 唐あげの味 公式サイトからキスをきっかけに大和を意識しはじめる、めい。大和につられ、同級生の及川あさみもめいに声を掛けてくれるように。あさみは明るい女の子だけど、大きい胸がコンプレックスらしい.. Weblog: ぬる~くまったりと racked: 2012-10-17 07:56
  • 好きっていいなよ。 第2話「唐揚げ味の」~シャングリ・ラ~

    Excerpt: 今日もスーパーニヤニヤタイムの始まりだ! (この感想は、対話形式と穴埋め問題が掲載されています。) Weblog: しるばにあの日誌 racked: 2012-10-17 10:00